【いくつになってもキレイな人は何を食べているの?】美肌に効く食べ物5選!

ビーバー
突然ですが、食べ物で美肌効果があるものっていうのはあるんですか?食べるものが体や肌を作るわけで、関係あるのかなと思ったんです!
博士
充実した食生活は心身ともにコンディションを整えてくれます。毎日の食事でも美肌に効く食べ物を取り入れたいですよね、今回は美肌のためにどんな食べ物をとったらいいのか解説していきますね。

美肌に効く食べ物5選

肌を美しく保つためには外側のスキンケアだけではなく体の内側から必要な美容に効く栄養分を取り入れることが大事です。ビタミンCやポリフェノールなど美肌に導くと言われている成分を多く含む食べ物や飲み物を毎日の食事に取り入れていきましょう。

蜂蜜


蜂蜜にはなんと180種類の栄養成分が含まれています。様々なビタミンが豊富に含まれているほか、抗酸化作用のあるポリフェノール、若さを保つためのパロチン、抗菌作用がある酵素も多く含まれています。蜂蜜に含まれる酵素の働きには強力な殺菌、抗菌作用もあります。蜂蜜を食べると口臭を抑えてくれたり喉の痛みが和らぐのはこの抗菌作用のおかげ。

蜂蜜の美容効果

  • エイジングケア効果、抗酸化作用
  • 酵素が持つ殺菌・抗菌作用
博士
蜂蜜の美容効果についてもっと詳しく知りたい人はこちらもチェック!

【蜂蜜美容とは?】種類や効果、実践方法を解説

チアシード


チアシードは人間の健康維持に必要不可欠なアミノ酸をとても多く含んでおり、アミノ酸は肌の潤いや弾力性を保つために必要なコラーゲンやエラスチンという肌が必要とする組織の元となります。また、チアシードは水分を吸収して10倍ほどに膨れ上がるため食べたときには満腹感を感じダイエット効果も期待できます。

チアシードの美容効果

  • ダイエット効果
  • アミノ酸による肌の潤い
博士
食物繊維も多く含まれているので便秘対策にも注目されている食べ物です。

ナッツ系


アーモンドやひまわりの種などのナッツ系はビタミンEが豊富に含まれており肌を若々しく保つための抗酸化力が高いことや、美肌のために必要なビタミンB郡が豊富に含まれています。ビタミンB群は肌の代謝を高め、ターンオーバーを促進することで若々しい肌を保つことができます。

ナッツ系の美容効果

  • 豊富なビタミンE、肌の老化防止
  • 豊富なビタミンB郡による美肌効果
博士
私もナッツを積極的に間食に取り入れています。血糖値を緩やかに上げてくれる栄養分も豊富でちょっと頑張りたい時などにオススメ。

メープルシロップ


メープルシロップには60種類以上のポリフェノールが含まれており、老化を引き起こす活性酸素から肌を守ってくれる抗酸化作用があります。また、メープルシロップは化粧品などでもよく配合されており、樹液に含まれているショ糖おかげで、そのまま塗るだけでもしっとり潤います。しかし、実はメープルシロップは水分量が非常に少なく、小麦粉等と同じ位の水分量です。なぜ水分が少ないのに保湿効果が高いのかと言えば、この水分量の少なさが空気中の水分などをどんどん吸い込み肌にしっかりと潤いを閉じ込め外に逃がさないのです。そのために高い保湿効果を感じることができます。

メープルシロップの美容効果

  • 豊富なポリフェノールでアンチエイジング効果
  • ショ糖や水分量による保湿効果

下の記事ではメープルシロップの美容法なども紹介しています。気になる人はチェック!

【メープルシロップとは?】美容効果、実践方法を解説

酒粕


酒粕に含まれているビタミンB郡は肌の代謝を高め、肌のターンオーバーを促進します。また、酒粕には「コウジ酸」と言う美白成分が含まれており、化粧品会社でも美白成分として研究が進んでいます。シミ、ソバカス原因となるメラニン色素を抑え、シミ、ソバカスの予防に効果を発揮してくれます。

酒粕の美容効果

  • ビタミンB群の美肌効果
  • コウジ酸の美白効果
博士
酒粕は体に塗っても保湿効果が高く、乾燥の予防にもなります。酒蔵の杜氏さんの手がきれいなのは酒粕の美容成分のおかげだと言われていますね。

【酒粕美容とは?】種類や効果、実践方法を解説

<まとめ>
博士
食べてキレイになる!美肌効果がある食べ物5選、いかがでしたでしょうか。毎日の生活の中に取り入れるだけで少しずつ変化が出てくると思いますので美肌になりたい女性はぜひ取り入れてみてください!

【オイルは太る?】実は知らない!ダイエット中の油の取り入れ方

【発酵コスメとは?】驚きの美容効果とオススメアイテムを徹底解説

【知る人ぞ知る!】ハッカ油の美容効果とは?種類や効果、実践方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。