【蜂蜜美容とは?】種類や効果、実践方法を解説


ビーバー
蜂蜜が美容に効くと今ブームになっていますが、蜂蜜の美容効果ってなんですか?それに、蜂蜜ってどうやって使うものなんですか?
博士
美容に欠かせない栄養が豊富な蜂蜜。いつもの洗顔料や化粧水に混ぜるだけのスキンケアで美肌効果が。今回は蜂蜜の実はあまり知られていない美容効果や美容に洗顔料やパックなど蜂蜜美容のアイテムを手作りするレシピについてまとめていきます。

蜂蜜とは?

ミツバチが花の蜜をとって巣にたくわえた黄色の液体のことです。糖分のほかにビタミン、ミネラル、アミノ酸を始め酵素や抗菌性物質など180種類以上の成分が含まれています。
蜂蜜の歴史は古く、西洋では紀元前6000年頃から蜂蜜を暮らしに取り入れていたという記録もあり、現在は食用、化粧品用など色々なものに使用されています。
秘めた美容パワーがある蜂蜜!まずはその種類について見ていきましょう

    蜂蜜の種類とそれぞれの違い

  • *純粋はちみつ
    ハチが作ったはちみつに何も混ぜられていないもの。国産では水分含有量が23%以下、海外産では20%以下という基準もある。
  • *精製はちみつ
    はちみつから、においや色を取り除き加工したもの。においや色があると清涼飲料水や食品加工には使いづらいため、用いられている。加工により本来の栄養素は壊れてしまい、糖分としての役割しか果たさない。
  • *加糖はちみつ
    はちみつに果糖ブドウ糖液を加えたもので、はちみつの含有量が全体の60%以上のもの。
    ビーバー、蜂蜜はスーパーで気軽に買うことができますが、注意してほしいのはスーパーで売られているはちみつのほとんどは加糖タイプです。加糖されている蜂蜜は砂糖と同じなので、蜂蜜本来の効果は期待できません。美容に取り入れたい人は「純粋はちみつ」を購入しましょう。
ビーバー
へー、蜂蜜にもいくつか種類があるんですね!ところで蜂蜜は美容にどう効くんですか?

蜂蜜の成分と美容効果

蜂蜜にはなんと180種類の栄養成分が含まれています。様々なビタミンが豊富に含まれているほか、抗酸化作用のあるポリフェノール、若さを保つためのパロチン、抗菌作用がある酵素も多く含まれています。
蜂蜜の美容効果を一言で説明すると以下の3つです。

  • エイジングケア効果、抗酸化作用
  • 殺菌・抗菌作用
  • 保湿効果

エイジングケア効果

蜂蜜に含まれているビタミンCやポリフェノールは老化の要因である細胞の酸化を抑える働きがあります。若々しい肌でいるためには郡肌を参加させないことが重要です。蜂蜜は180種類以上の栄養素でどうかや紫外線による酸化ダメージから肌を守ってくれるのです。

殺菌・抗菌作用

蜂蜜に含まれる酵素の働きには強力な殺菌、抗菌作用があります。純蜂蜜を食べると口臭を抑えてくれたり喉の痛みが和らぐのはこの抗菌作用のおかげ。肌に塗った時は雑菌の増殖を抑え、アトピーや肌荒れを予防してくれる効果があります。

保湿効果

蜂蜜の保湿効果は多くの化粧品に配合されていることもあり。蜂蜜を塗るだけでしっとり潤うイメージがありますね。しかし、蜂蜜自体の水分は非常に少なく小麦粉と同じ位の水分量です。「なぜ水分が少ないのに保湿効果が高いの?」と思うでしょうが、この水分量が少ないため蜂蜜がどんどん水分を吸い込み肌にしっかりと潤いと美容成分を閉じ込め逃さないのです。そのため高い保湿効果を実感することができます。

今すぐできる!おうちで簡単、蜂蜜美容のレシピ

洗顔や美容パック、トリートメントに
蜂蜜を食べて美容効果を得るだけではなく、洗顔料と混ぜて使ったりお肌や髪に塗ってパックをしたりするだけでお肌がモチモチになり美容効果を得られます。蜂蜜はそのままでも栄養たっぷりですがより高い美容効果を狙うならば生のままを使うのがオススメ。

蜂蜜洗顔
    蜂蜜洗顔のやり方はとても簡単です。蜂蜜と泡立てネットを合わせて一緒に泡立ててあげるだけで乾燥予防や、美白効果が期待できますよ。

    準備するもの

  • 固形石鹸(または洗顔フォーム)
  • 泡立てネット
  • 蜂蜜(小さじ1杯程度)

1 蜂蜜を泡立てネットにつける
2 固形石鹸を軽く濡らして蜂蜜がついた泡立てネットでそのまま一気に泡立てる
3 ふわっと空気を入れるようにモコモコの泡を立てる。
4 泡で顔全体を包み普段より少し長めにやさしくマッサージをする
5 ぬるま湯で優しく洗い流す。

博士
蜂蜜を入れると不思議と泡立ちが良くなります。洗顔料には石鹸と洗顔フォームがありそれぞれに特徴がありますが敏感肌や乾燥肌の人ほど石鹸の方がオススメです。
蜂蜜パック
    蜂蜜パックのやり方もすごく簡単です。容器に蜂蜜と精製水を加えて混ぜて顔やボディに塗って放置するだけでエイジングケアとモチモチ肌に!

    準備するもの

  • 蜂蜜 30g
  • 化粧水 50mL
  • ボウル、またはガラス容器

1 ボール、ガラス容器に蜂蜜を入れます。
2 化粧水を少しずつ加えながらヘラなどで伸ばして柔らかく伸びが良い状態「します。これで蜂蜜パックが完成。
3 蜂蜜パックを顔やボディに塗って5分から10分おきます。
4 ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

ビーバー
簡単にできるのに使用後はびっくりするほど肌の違いを実感できました!
蜂蜜ヘアトリートメント
    蜂蜜は髪に使うのもオススメ。お気に入りのオイルに蜂蜜を少量混ぜるだけで簡単に作れます。シャンプーの前に放置するだけでまとまりとツヤのある髪に!

    準備するもの

  • 蜂蜜 30g
  • オイル 50mL
  • ボウル、またはガラス容器

1 ボール、ガラス容器に蜂蜜とオイルを入れます。
2 ヘラなどで円を描くように均一に混ぜ合わせます。これで蜂蜜ヘアトリートメントが完成。
3 蜂蜜ヘアトリートメントを上につけて粗めの櫛でとかします。そのまま5分から10分おきます。
4 時間が経ったらシャンプー、リンスをしてしっかりすすぎます。

博士
蜂蜜の糖分が髪表面のキューティクルに吸着し、髪のクセや広がりを抑えてくれる効果があるのです。ハチミツと混ぜるオイルはアルガンオイル、ひまわり油、ホホバオイルなど髪と相性が良いものが理想的です。

蜂蜜美容はどんな人にオススメ?

  • 肌荒れ、アトピーの予防に
  • カサカサ乾燥肌が気になる人に
  • 髪や肌のエイジングケアが気になる
博士
抗菌作用や保湿効果、エイジングケア効果もある蜂蜜!なんて素晴らしいんでしょう。しかし、良いことばかりではなく蜂蜜美容の注意点もあります。長所、短所を知った上で毎日のケアに役立ててくださいね。

蜂蜜美容の注意点

赤ちゃんには使えない

1歳未満の抵抗力が少ない赤ちゃんのボディと蜂蜜に含まれる成分の関係上、病気のリスクがありますので、赤ちゃんには使わないようにしましょう。

少しべたつきがある

蜂蜜はもともとべたつきます。
化粧水や乳液、さらっと軽いオイルに混ぜて使用すると適度なしっとり感なのですが、しっかり保湿するタイプのボディークリームに混ぜたり、しっとり重く潤うオイルと混ぜると不快に感じることがあります。高保湿のアイテムと組み合わせるのは良くないかもしれませんね。

手軽に良い蜂蜜が手に入らない。

前半でも述べましたが蜂蜜にはいくつか種類があります。
食べたり肌に使うのであれば「純粋蜂蜜」がオススメですが、スーパーに安価で並んでいる蜂蜜のほとんどが純粋蜂蜜ではない栄養が失われた状態のものです。
ネットで購入することもできますが比較的高価なので気軽には買えないアイテムかもしれません。

まとめ

博士
蜂蜜の優れた美容効果、おわかりいただけましたでしょうか。洗顔やトリートメントに取り入れることで美肌、美髪効果が期待できそうですね。最近は純粋蜂蜜を贅沢に使ったコスメもよく見かけるようになりましたのでそちらを試しに使ってみても良いかもしれませんね。

【いくつになってもキレイな人は何を食べているの?】美肌に効く食べ物5選!

【9割の人は知らない!】健康に効く脂肪酸の種類と特徴

【知る人ぞ知る!】ハッカ油の美容効果とは?種類や効果、実践方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。