【肌に優しいのはどっち?】石鹸と洗顔フォームのメリット・デメリット

ビーバー
毎日の洗顔は「石鹸」「洗顔フォーム」どちらで洗ってあげるのが肌にとって良いのですか?
博士
なるほど、自分にはどちらの洗顔料が合っているのかわからないと言う方も多いですよね。
今回は石鹸と洗顔フォームのメリット、デメリットをご紹介し、どちらが肌に優しいのかをはっきりさせましょう。

ビーバー
そもそも石鹸と洗顔フォームってどう違うんですか?
洗顔料には原材料を分けると2つの種類があります。

  • 石鹸成分からできている固形石鹸
  • 合成界面活性剤でできている洗顔フォーム
博士
それでは固形石鹸と洗顔フォームのメリットデメリットに迫っていきましょう。

石鹸

石鹸のメリット

メリット
  • 保湿成分が入っている
    ゴールドプロセスの石鹸は油脂が本来持っているグリセリンという天然の保湿成分が配合されており、洗いあがりもしっとりもちもちした使い心地です。
  • 洗い上がりが優しい
    石鹸は汚れ、ほこりや花粉、余分な皮脂だけを浮かせて、必要な油分は肌に残してくれるのが特徴です。流した泡も自然に分解され、肌だけでなく環境に優しいもは◎

石鹸のデメリット

デメリット
  • 保管の状態によっては溶けやすい。
    お風呂場や石鹸置きに水が溜まっていたりすると石鹸が柔らかくなったり、ドロドロと溶けやすくなってしまいます。石鹸を置く場所等を考えなければいけないのがデメリットかなと思います。
  • 価格が高い
    コールドプロセスの石鹸は職人が一つ一つ手作りしていたりする場合が多く、大量生産に向かないため価格が通常のものよりも高い傾向があります。
  • 泡立てネットが必要。
    石鹸を手のひらだけで泡立てるにはテクニックが必要です。モコモコの泡を作るには泡立てネットを用意する必要があります。

石鹸の価格帯と注意すること

石鹸の価格相場は500円~5000円
コスメショップに陳列されている洗顔石鹸は2000円くらいの価格が多く、少し高めですね。
石鹸にもいくつか種類があって、熱を加えない「コールドプロセス」のものと、熱で一気に成分を反応させる「ホットプロセス」のものがあります。肌の弱い方にはコールドプロセスのものをオススメします。

    石鹸はこんな人にオススメ

  • 乾燥肌、敏感肌の人
  • 日々のスキンケアだけでは保湿が足りないと感じている人
ビーバー
石鹸の保湿や優しい洗浄力は魅力的ですね。その反面、保管方法などの世話が焼ける奴なんですね…。

洗顔フォーム

洗顔フォームのメリット

メリット
  • とにかく泡立ちが良い
    石鹸と違い泡立てネットを使用しなくてもモコモコとした泡が立ちやすいのが最大のメリットです。たくさんの泡に包まれるとなんだか幸せな気持ちになります。朝夜の洗顔に時間も手間もかからないのが嬉しいですね。
  • 保管が楽
    プラスチックのチューブボトルに入っているので衛生的に優れていて、石鹸に比べて水に濡れても溶けてなくなる事はありません。どこに置いても良く、劣化も気にしないで良いのは便利です。
  • 洗顔フォームのデメリット

デメリット
  • 洗浄力が強い
    洗顔フォームは合成界面活性剤(合成洗剤)で作られていることが多いです。
    つまり洗浄力が少し強めですね…。つまり肌が必要な油分まで剥がしてしまうことがあります。そのぶん保湿剤が多く入っているものもありますが、敏感肌の人には合わないこともあります。
  • 環境汚染
    洗顔フォームは石鹸ほど水に分解しやすくありません。
    自然に分解できない汚水を作ってしまうのはデメリットといえます。

洗顔フォームの価格帯と注意すること

洗顔フォームの価格相場は500円~3000円。
ドラッグストアでは1000円以下で買えるプチプラのものが多く、いろいろ試して使える価格帯が嬉しいですね。
洗顔フォームにはスクラブが入ったものがあります。
ピーリング効果もありますが必要な皮脂を奪う力も強いので使いすぎには注意が必要です。
また洗浄力がやや強めの洗顔フォームを使用する方はその後のスキンケアを忘れずにやってください。

    洗顔フォームはこんな人にオススメ

  • 朝夜の洗顔に十分な時間がない人
  • まずはいろいろ試して使ってみたい人
ビーバー
おさぼりさんでも手間をかけずにモコモコ泡に包まれた洗顔ができるのは嬉しいですね。価格帯もリーズナブルなので初めての洗顔料は洗顔フォームから始めるのも良いかも。

石鹸と洗顔フォーム、肌に優しいのはどっち?


石鹸と洗顔フォームのメリットとデメリットはおわかりいただけましたでしょうか?
ざっくり言いますと保湿力が高く肌に必要な油分を残してくれるは石鹸。
時間や手間がかからずに包まれる心地よさを体験できるのは洗顔フォームです。
どちらが肌に優しいかと言えば天然の保湿成分、適度な洗浄力と考えると石鹸で洗顔をしてあげる方が肌には優しいですね。

<まとめ>

博士
石鹸、洗顔フォームはどちらも顔についたほこりや花粉、汚れ等の不必要なもの洗い流してくれますが、両方ともメリット、デメリットがあるのでどちらを使うべきかは一概には言えませんが、自分の肌の状態に合わせて使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。