【今さら聞けない】オーガニックコスメとは?メリット、デメリットを解説

ビーバー
最近話題のオーガニックコスメについて知りたいんですが、そもそもオーガニックって何なんですか?
博士
野菜や果物、服やコスメにまで「オーガニック」と言うワードを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?「なんとなく自然」「健康に良さそう」と言うイメージが浮かぶ方も多いと思いますがそもそもオーガニックとはどういう意味なのでしょうか。
今回はオーガニックとは何か、オーガニックコスメのメリットデメリットについても迫っていきましょう。

そもそもオーガニックとは?

「オーガニック」=「化学肥料や農薬を使わず有機栽培された素材」と食品ではこのように言われています。
日本の食品では「有機JAS」マークがついているとオーガニックと言えますね。
オーガニックコスメとは?
オーガニックコスメは石油由来成分や合成原料を極力排除し有機栽培された植物から抽出したオイルやエキスを使ったコスメです。そのため古来から民間療法として肌トラブルやスキンケアに生かされてきた草木やハーブ類を多く配合しています。

オーガニックコスメのメリット、デメリット

オーガニックコスメのメリット、デメリット

オーガニックコスメのメリット

  • 原料の良さをダイレクトに感じることができる。
  • 肌がもともと持っている本来の力を高める

原料の良さをダイレクトに感じることができる。

オーガニックコスメは原料が持つ有効成分に手を加えない状態で配合しているものが多いです。植物がもつ本来の自然の香りが脳に直接働きかけ、リラックス効果や穏やかな気持ちへと導いてくれる効果も期待されます。

肌がもともと持っている本来の力を高める

肌はダメージを受けたりしても自ら修復し再生する力を持っていますが。ストレスや普段から化学成分などを使用してしまうことで肌が本来持つバリア機能などが機能しないことがあります。
オーガニックコスメは自然本来の力で肌トラブルの予防や肌のバリア機能を向上させることができます。

博士
メリットがあれば当然デメリットもあります。ここからはデメリットについても紹介します!

オーガニックコスメのデメリット

  • 肌に合わない場合がある
  • コスメにはオーガニックの基準やルールがない

肌に合わない場合がある

良くも悪くも植物や鉱物の持つパワーは偉大で、アレルギーを持っていたり、肌が敏感な方は、刺激を感じてしまう可能性もあるため注意が必要。

コスメにはオーガニックの基準やルールがない

日本でコスメを「オーガニック」と言うには特に基準やルールはありません。
先ほどご紹介した「有機JAS」マークも食品に限ったことなのでコスメの場合はあくまで製造者の判断に任されています。
つまりオーガニックの基準を満たしていないものでもオーガニックと言えてしまうのです。

ビーバー
なんと!基準やルールが無いのですね!そんな時はどうやってオーガニックコスメを選んだら良いんですか?

オーガニックコスメの選び方と注意点

オーガニックコスメ
海外にはその原料がオーガニックの基準を満たし生産しているかどうかを検査する機関があります。下記で紹介するオーガニック認証機関のロゴ等が付いていればひとまず安心ですね。
しかし、商品の中には原材料や生産者がこだわりを持って作った原料が配合されていることも多いので認証機関マークが付いていなくても良いものはたくさんありますよ。
オーガニックコスメを選ぶ際に大切な事は、自分が使うスキンケア商品のことを知ってから購入することですね。

博士が選ぶ、世界3大オーガニック認証をしている団体

フランス【ECOCERT】

ECOCERT(エコサート)とは、フランスの国際有機認定機関。
1991年に農学者の団体によって設立され、フランスのトゥールーズに本拠地を置いています。
ヨーロッパで規定されているオーガニックの基準を満たしているかを厳しく検査し、認定を行なう第三者機関です。
フランスの団体ですので、フランスのブランドにつけられる場合も多いですが、
すでに世界スタンダードとなり、オーガニック認証団体の世界基準とも言われています。
アメリカ【USDA】

USDAとは、United States Department of Agricultureの略称で、米国農務省のことで、日本で言えば、農林水産省にあたる政府機関です。
USDA Organicは、日本で言えば有機JASにあたり、主な品目は、農産物や食料品と元々は食品の基準です。ただし、アメリカではオーガニックコスメについて、まだ明確な基準が確立されていない部分があるため、化粧品に対してオーガニック食品基準であるUSDAが採用される場合も多くあります。
オーストラリア【ACO】

ACOとは、2002年に設立されたオーストラリアのオーガニック認証機関。元々は、農産物やオーガニックフードの認定を行う団体として設立され、オーストラリアで最大のオーガニック認証団体。他のオーガニックコスメ認証機関に比べても、かなり厳しい基準内容という事が言えるかもしれません。

オーガニックコスメはどんな人にオススメ?

  • 毎日肌に塗るものだから、配合されている原料にもこだわりたい。
  • ブランドのコスメはいろいろ試したけれど、シンプルなものでスキンケアをしたい!

<まとめ>

博士
いかがでしたでしょうか、原材料に安心感があり、素材そのものの良さを感じることができるオーガニックコスメ。原料にもこだわりを持って作られたコスメを普段のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

【バームとは】特徴、使い方を徹底解説

【知る人ぞ知る!】ハッカ油の美容効果とは?種類や効果、実践方法を解説

【乾燥肌の悩みに!】おすすめランキングとプチプラ美容オイルの選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。