【30代後半からのナイトケア!】夜だからこその美肌作りテクニックをご紹介

ビーバー
35歳を超えると、お肌の調子が変わってきたな、と感じる人も多いのではないでしょうか。
博士
30代後半からお肌は変化してきますが、30代前半からずっと同じスキンケアをしている、という方も多いのではないでしょうか。今回は、夜だからこそ出来る、美肌作りに効果的なテクニックをご紹介しましょう。

30代後半からのお肌はどう変わる?

35歳からは「第2のお肌の曲がり角」といわれています。加齢とともに皮脂の分泌量や潤い保持力など、肌機能が低下していきます。
「毛穴の開き・小じわ・ハリ不足・たるみ・しみ」などエイジングの悩みが出始めてきます。

博士
30代後半の女性は、仕事も家庭も忙しい多忙な時期でもありますね。疲れやストレスから、肌の代謝機能がダウンし、肌が生まれ変わるリズムも乱れがちになるのです。

なぜ年齢による肌トラブルが起きてしまうのか?

肌の表面を覆っている角質層の1番下の部分は、新たな細胞が生まれ、新しい肌に生まれ変わっています。しかし、古い角質が肌にとどまってしまうと、年齢肌のトラブルが起きてしまう原因となるのです。
この古い角質は、乾燥しやすく硬いので、乾燥肌やごわつき、シワ、たるみの原因となってしまいます。

博士
年齢肌が気になる30代後半の女性は、保湿に力を入れている方も多いと思います。しかし、これが更なるトラブルに繋がることもあるのです。

古い角質に保湿成分や高栄養の美容成分を補給すると、本来はがれるはずだった角質がはがれず、肌にとどまってしまう事があります。
これにより、表面が割れたり変形してしまうのがシワやたるみなのです。

ビーバー
ただ保湿をすればいいという事ではないのですね!
博士
そうなのです。この事からもわかるように、まずは古い角質をとどめない事が重要になってきます。

夜のケアが効果的!美肌作りのテクニック

  • 丁寧な洗顔
  • スキンケアの種類はシンプルに
ビーバー
古い角質をとどめない為には、具体的にどうしたら良いのでしょうか。
博士
では今回は、朝はなにかと忙しいので、夜に出来るテクニックをご紹介しましょう!

丁寧な洗顔

不要な古い角質だけを落とすには、シンプルですが、丁寧な洗顔をすることです!

博士
ただ洗えばいいというわけではありません。ゴシゴシ洗いはお肌を傷つけてしまいます!

「不要な角質だけを落とすテクニック」


★力を入れず、顔の表面をなぞりながらソフトマッサージ★

指先で円を描くようにくるくると、ソフトタッチでマッサージをしながら洗顔しましょう!

クレンジング
固めのクリームかオイルタイプを選ぶのがポイント。
なじみがよすぎるクレンジング剤はマッサージをするうちに肌に吸収されてしまい摩擦が起きてしまいます。

洗顔
泡立てネットを使い洗顔石鹸をしっかりと泡立てます。
泡を顔全体にのせて、マッサージしていきます。洗顔時間の理想は5分ほどですが、最初のうちは2〜3分かけてソフトタッチのマッサージをするだけでも不要な角質だけを落とすことができます。
最後にぬるめのお湯で1分ほどかけて丁寧に洗い流します。

博士
丁寧な洗顔で古い角質のみがはがれたお肌は、新しい角質のきめの細かいお肌になるのです。

スキンケアの種類はシンプルに

ビーバー
せっかく丁寧に洗っても、先ほど教えてもらったように栄養分を何層にも重ね付けしてしまうと、古い角質がはがれにくくなる原因になってしまうのですか?
博士
その通りです!私は高機能のケア用品をシンプル使いするのがおすすめします。

「スキンケア方法のテクニック」

1洗顔後、ブースターオイルでお肌を柔らかくする
水分を浸透しやすくしてくれるタイプのオイルを、化粧水前に使用することで
浸透性を高めることが出来ます。
両手でオイルをこすり合わせ、頬を包み込むようになじませ、残りを額やあごになじませます。

2化粧水をたっぷり入れ込む
全体になじませた後、指の腹を使って化粧水を入れ込むひと手間を加えましょう。
頬、目の下、額、あごに指の腹で優しく押さえます。
目のくぼんだ部分や、ほうれい線には少し化粧水を手に足して、しっかりと押し込みましょう。

3乾燥が気になるときは、更にオイルを入れ込むor乳液を使用する
乾燥が気になるときは、最後に、オイルを化粧水と同様のやり方でお肌に押し込んであげるか、乳液を塗ってあげることで、更に潤いがキープできます。
デコルテまでが顔!首のケアも忘れずに!

博士
ここでもうひとつ気にしておきたい部分が「首」です。首は年齢が現れやすい部分なので、デコルテまでが顔だと思ってケアしてあげましょう。

「首のケア方法」

洗顔する際、デコルテまでたっぷりの泡で優しく洗ってあげましょう。
その後、普段お顔に使っている化粧水や乳液を、顔のついでではなく、首は首として使用して下さい。

博士
お顔のスキンケア方法のテクニックは、首のナイトケア方法にもなりますので、お顔と同様にケアしてあげるのがおすすめです。

まとめ

博士
今回は30代後半のナイトケアについて、ピンポイントでご紹介しました。
忙しい毎日の中、1日の終わりに自分を丁寧にケアしてあげることで、豊かなリラックスタイムにもなってくれるかもしれませんね。

【その肌トラブル、間違った洗顔が原因かも】マイナス5歳肌を叶える洗顔方法5つの秘密【2020決定盤】

【気になる首のシワ】原因と対処法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。