色々と誤解されている神無月

スピリチュアル

なぜ、神無月?

10月に入りました。10月の和名といえば「神無月」。一般的に神無月といえば、出雲大社に全国の神が集まる月といわれています。これは10月が通常「神無月(かんなづき)」と呼ばれているのに対して、出雲だけが「神在月(かみありづき)」といっていることから来ているそうです。

出雲といえば、出雲大社が有名で、確かに神様が集う土地といっても違和感がないかもしれませんが、なぜ、出雲に神様が集まるのか、その理由は意外と知られていません。実は、このような説が広まったのは、さほど昔ではなく、中世ぐらいからなのです。

一般的にいわれているように、神様がいないから「神無月」なのではなく、そもそも、神無月という言葉があったからこそ、出雲に神が集まるという説が有名になったのです。では、神無月の語源はいったいなんなのかというと、そもそもは、秋には収穫祭が多く行われることから、神を祭る月であることから「神な月(かみなづき)」といわれていたといいます。その他にも、雷が鳴らない月だから「雷無月(かみなしづき)」などもあるそうですが、どちらにせよ、神がいないからという訳ではなかったのです。

しかし、この「神無月」というネーミングに目をつけたのが、出雲の御師たち。御師というのは、出雲大社や伊勢神宮などといった、大きな神社のお札を全国で売り歩き、布教活動をしていた人たちなのですが、出雲の御師は、神無月は出雲に神が集まっているから、他のところにはいないという説を流して、それが見事に一般化されたわけです。そういった意味では、当時の出雲の御師たちは、かなり商売上手だったといえるでしょう。

出雲に神が集まるのはホント?

当然ながらスピリチュアルな観点からすると、出雲にだけ、神様が集まっているということはありません。さらに、歴史的な観点でいっても、出雲の大国主命と、伊勢の天照大神は国つ神と、天つ神で性質が異なるとされていのために、出雲に一同に集まるというのは、ちょっとあり得ないわけです。

ただし、面白いことに、一般的に神無月といわれる時期は「大司命節」という、1年間の人間の行動を神様達がチェックして、その後の運命を決める日だという言い伝えもあります。こちらは、どちらかというと、神仙道や霊学などといったものに伝わっているものです。もしかしたら、神々が出雲に集まって縁結びを相談するというのは、出雲の御師が、そういった中国伝来の知識をアレンジしたのかもしれません。

ある意味では、すでにイベントになっていますし、出雲という土地は、エネルギーに溢れた良い場所ですので、10月に出雲を訪れるのはもちろんオススメですが、本来の意味を考えると、神無月は今年を振り返り、来年に向けて自分を見つめ直してみると、より良い方向に向かうタイミングです。もちろん、どこの神社にも神様は存在していますので、そういった思いを持って参拝すると、色々と伝わることが多いかも知れませんよ?

COCORiLA編集部

113,123 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。