平安時代から伝わる日本のフラワーエッセンス

幸運

今日は最も陽のエネルギーが強くなる日

本日、9月9日は「重陽の節句(ちょうようのせっく)」。陽のエネルギーがもっとも強くなる日であり、別名「菊の節句」ともいわれています。現在ではあまり一般的ではないこの節句ですが、平安時代にはこの日に、さまざまな祓いの儀式が行われていました。

現在は新暦ですので、9月が菊の日、といわれてもピンと来ないかも知れませんが、旧暦の9月はちょうど菊が咲き始める時期でした。菊は中国が原産地ですが、日本でも古くから多くの人に愛されてきた花であり、現在でも人気のある花のひとつです。ちなみに、中国で菊は、仙人が住む世界に咲いている花であり、邪気を祓い不老長寿をもたらす力があると信じられていたのです。

実際に、菊は咳止めや婦人病に対して効果があるとして漢方薬として用いられていますし、他にも鎮痛作用や消炎作用、抗菌作用、さらには目の充血や不眠症などさまざまな症状を改善させる薬効があるのだそうです。

この薬効を取り入れる方法として、もっともストレートなものが9月9日に飲まれた「菊酒」といわれるものがあります。

平安時代には、シンプルにお酒に菊の花を浮かせたものを菊酒といっていたようですが、時代がたつにつれて、菊の花びらを浸した水を使って日本酒を造る、という非常に手間のかかるものや、梅酒のように菊の花を氷砂糖と一緒に焼酎に漬け込むことで作ったものなどが出てきました。

平安時代から存在していたフラワーエッセンス

江戸時代には、菊酒は眼病や婦人病にたいして効果のある薬酒として、9月9日以外でも広く庶民に親しまれていたといわれています。こちらは、前述した漢方薬的な使い方なのですが、もうひとつ、エネルギーレベルで菊の力を取り入れる日本古来のフラワーエッセンスの作り方も存在しています。

平安時代には行われていたという、その方法は「菊の着綿(きくのきわた)」、もしくは「菊の着せ綿」と呼ばれるものです。いったいどんなものなのか、そのやり方を説明したいと思います。

重陽の日の前日である9月8日に、菊の花を真綿で覆ってしまいます。これを一晩おくことで、菊の香りとともに、朝露が真綿にしみこむわけです。この綿を顔に当てて、においを嗅ぐとともに、菊のエネルギーとエキスが詰まった朝露で顔をしめらせることで、健康と若さが保たれるというのです。平安時代にはこれを行うことで1000年も寿命が長くなると言われていたほどです。

現在では、9月8日の月はさまざまな形をしていますが、旧暦の場合は、必ず美しい半月が空に上っていたはずですので、月の光を通して菊の花のエネルギーが真綿へと染み渡り、さらに朝露に転写されていたわけです。このプロセスは、まさに日本古来から伝わるフラワーエッセンスといえるでしょう。

旧暦の9月8日は、今年は10月6日であり、重陽の節句は10月7日ですので、菊の着綿を楽しむのは、それまでお預けになってしまいますが、もし菊を育てている方がいらっしゃいましたら、是非この素敵な方法にチャレンジして、健康と若さを手に入れてみてください。

 

COCORiLA編集部

109,615 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。