• HOME
  • ブログ
  • 癒やし
  • エンジェル・セラピスト®水本潤治 「大天使ラギュエルと共に人間関係の調和に励む」

エンジェル・セラピスト®水本潤治 「大天使ラギュエルと共に人間関係の調和に励む」

癒やし

大天使と繋がりやすくなる方法

僕と妻で運営するセラピーサロン「AQUAMIXT」では、さまざまなご相談を受けます。仕事・恋愛・人間関係・スピリチュアル起業、過去生でのカルマ…などなど。

エンジェルセラピープラクティショナー®(ATP®)ということもあり、守護天使や守護霊、大天使などのスピリチュアルな存在とのコミュニケーションについてのご質問もしばしばあります。

大天使の力を借りるのに、仰々しい儀式や何か特別な資格が要るわけではありません。
もちろん、その資格を得る、その儀式をしたから、という意識が大天使と繋がりやすくするという可能性はあります。

それは僕たちの心が創り出すものですね。

無条件で何かを手に入れるよりも、条件付きで何かを手に入れるほうが、自分自身に受けいれやすいというものです。

それは自己受容やセルフイメージに関係してくることかもしれません。

「どうしたら、大天使とつながりやすくなるか?」

僕の日常生活での話を例にあげると…

僕がよくサポートをもらう大天使は「大天使ラギュエル」です。

彼は人間関係において、協調と正義を司り、癒しをもたらします。誤解や誤認から生じる口論や軋轢を癒し、新しい関係を創り出します。

また、天使との関係を取り持つのも彼の役割のひとつです。
天使にサポートされるに相応しい自分を受け入れる手助けをしてくれるかもしれません。大天使も天使と同じく、僕たち人間の「自由意志」を尊重しています。まずは、自分を信頼し、サポートをお願いしてみましょう。

不機嫌になったときには?

さて、

先日、娘の言動をきっかけに僕がミスをするという出来事がありました。

確かに娘が僕に声をかけなければ、起こらなかったミスと言えるのですが、それを大人げなくも、娘のせいだと言わんばかりに不機嫌になりました。

しかし、不機嫌になる正当性はどこにも見当たらず、自分のずるさと臆病さを認めることになりました。正当性を無理矢理作り出すのも滑稽なので、止めました。

不機嫌になった時に、大天使ラギュエルに話しかけます。

「僕と娘のふたりが温かな関係になるために、僕はどのような考え方や気づきを得ればいいだろうか?」

「僕が不機嫌になることで、隠してしまう、排除してしまう幸せは何だろう?」

「ラギュエル、あなたならどう振る舞う?どう考える?」

と彼に尋ね、そして、なるべく早い処理をお願いします。

すると、自分の中にある

「ミスをしたら怒られる。」
「ミスをしたら軽んじられる。」
「ミスをした僕はバカにされる。」
「ミスをしたら不当な扱いを受ける。」
「ミスをしたら人間失格!」
「ミスをした人間は過去にさかのぼって善良な行いを否定される。」
「ミスをしたら、ミス勃発協会の会員にさせられる!クーリングオフ無し!」

などの怖れで観ていた世界が、ラギュエルとの対話で、まるで違う色彩で見えてきます。

「ミスとしたことで、誰も僕を責め立てない?!」

しかも、時間の流れも違うような気までします。

「急ぐことで、自分でミスを誘発させていたのかも?!」

気づきとともに別の世界が自分の前に横たわります。

「自分にわざわざプレッシャーをかけて虐めなくてもいいんだよ。」
と大天使ラギュエルは話しかけてくれます。

さっきまでの不機嫌は何だったんだろう?と苦笑してしまいます。

人間関係の調和をサポートしてくれる大天使ラギュエルは、こうして、いつも僕が陥りがちな悲劇の世界から救ってくれるわけです。

それどころか、自分のずるさを認めることで自己受容も進みます。それは娘への優しい対応にも繋がります。

自分の中のコミュニケーションも進みます。いろいろな「思い込み」「決めつけ」「勝手読み」などの「こわばったもの」も溶けていきます。

守護する存在を信頼してみるのも、世界を変える一助になるでしょう。

AQUA MIXT 水本潤治

1,747 views

AQUA MIXT スピリチュアルカウンセラー・整体師・菜食料理研究家・スピリチュアルエッセイスト。 ”水のようにあなたの本質を潤して治す” 直感的・心理学...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。