パワースポットの反対は?

スピリチュアル

寒さに関するちょっと怖い話

暑くなってきました、そこで、寒さに関する、ちょっと怖い話を紹介したいと思います。

スピリチュアルな世界はもちろん、最近ではすっかり一般的な用語となった「パワースポット」。こちらは、簡単にいうとポジティブな影響力をもった場所のことですが、世の中にはまったく逆の性質をもった場所も存在します。いわゆる心霊スポットというやつです。

心霊スポットとは言葉の通り、霊が出る場所なのですが、西洋の超心理学者や、ゴーストハンターが心霊スポットを調査したところ、霊が出る場所には、いくつかの共通点があるということがわかってきました。

まずひとつは、心霊スポットは水場に多いというもの。これは、日本でも西洋でも共通しており、かつて、日本では幽霊が登場する場所といえば、水場の柳の下というのが一般的でしたし、今でも滝や池などといった場所が心霊スポットになっていることは多いのです。

なぜ水場に霊が登場するのか? これに関しては、さまざまな説があります。霊は陰の存在であるので、同じ陰の要素である水にひかれるというものや、霊とは残留思念であり、水がそれを記録するための媒体であるので、水場に登場するというものもあります。

また、日本の怪談や言い伝えなどでは、井戸をふさぐとよくないという話があります。井戸をふさいで家を建てたことで、怪異が起きたり、霊があらわれるようになったという話はいくつも存在していますが、これも、水と霊が深く関係している証拠といえるでしょう。

水場に霊がでやすい理由

「陰陽説」「残留思念説」どちらを採用したとしても、井戸を密封することで、霊が現れやすくなる理由としてはうなずけるものとなっています。水を密閉してしまうと、より陰気がますでしょうし、記録された残留思念も、太陽光に触れることがなければ、いつまでたっても浄化されることはなくなってしまうからです。

このように、水場には霊がでやすい可能性が高いのですが、だからといって、そこら中の水場に霊がいるわけではありません。では、どうやって見分けたらいいのか? ひとつの目安として、もうひとつの共通点が登場します。それは、霊が出る場所は温度が低いというもの。

怪談などで背筋が寒くなったり、寒気がするのは気のせいではなく実際に温度が下がっているからなのです。これは実際に研究もされており、西洋では霊が登場するスポットに「コールドスポット」という名称を付けたりもしています。アメリカの人気テレビドラマである『スーパーナチュラル』では、これをよりわかりやすく表現するために、霊がでるときには、登場人物の吐く息が白くなるという描写をしています。

ちなみに、筆者も以前、心霊スポットといわれる場所で本当に温度が下がるのかどうかを実験したことがあります。実験方法は以下のようなものです。

まず最初に霊を引き寄せるために、陰の色である青い色の光をともして、その近くに温度計を起きます。そして、そこから3mほど離れた場所にもう一つの温度計をおくのです。温度計を置いた時点では、双方の温度に違いないということを確認しておきます。

青い光をともすと、場の雰囲気がかわっていくのがわかりました。しばらくたってから、温度計を確認してみると、3mしか離れていないにもかかわらず、青い光の側にあった温度計はなんと2度も低くなっていたのです。

海外ではさらに本格的に、サーモグラフィーカメラなどを使って研究が行われているようですが、それによると、温度が低い場所が存在するのはもちろん、温度が低い場所が人の形になったりもするそうです。

パワースポットと違って、心霊スポットやコールドスポットには近づかないことがオススメですが、もし、そういったところに行かなければいかないようなことがあったならば、温度が低くなったら要注意です、近くになにかが寄ってきているのかもしれませんよ。

COCORiLA編集部

102,091 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。