大雨対策でしておくべきこと

ニュース

九州の豪雨にたいして気象庁が緊急会見

九州南部で災害レベルの大雨が続いています。本日、気象庁が緊急会見を行い、去年の西日本豪雨を上回る可能性があると発表し、命にかかわる状況であるということを強調していました。

去年に引き続き、災害レベルの大雨ということで、該当地域の方々は自然を侮らずに。くれぐれも早めに非難をしていただければと思います。また、これ以上被害が広がらないように、心から願っております。

今回は九州が中心となっていますが、ここ数年の異常気象の多さを考えると、どこに住んでいても同じような状況に陥る可能性がないとは言い切れません。ということで、本日は大雨に見舞われた場合の対処を紹介したいと思います。

災害の前にできること

気象庁が、台風や大雨などへの備えとして推奨しているものとしては、大雨が降る前に、家の窓や雨戸をしっかりと施錠し、状況によって補強、さらに排水溝などは事前に掃除して水はけを良くしておくというものがあります。

このような大雨などの対策というのは、実際に大雨が降り出してからではなく、事前に準備しておくことがとても重要になってきます。

防災の基準としては、注意報や、警報などある程度の段階がありますが、警報が出た段階で非難してもすでに遅いというケースもありますので、普段から自宅の周りをチェックしておいて、近くに川があったら溢れる心配はないかどうか、また、いざというときの避難場所などを確認しておくわけです。

住んでいる場所によっては、土砂崩れなど大規模な災害に見舞われる可能性もありますので、こういった家の周りの地形チェックは、災害がない時にこそ、定期的に行っておくことで、いざというときに身を守ってくれることでしょう。

また、大雨だけでなく、地震災害も多い国ですので、非常持ち出し品を最低限準備しておくと安心です。前述の気象庁のページでは、下記のようなものが持ち出し品の一例として紹介されています。

・リュックサック
・飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳ビンなど
・救急医薬品、常備薬、マスク、紙おむつ、生理用品
・現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証など、身分証明書
・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴
・ナイフ、缶切、鍋や水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てのカイロ、ティッシュなど、筆記用具、ごみ袋
・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡など、地図

自分や家族にとって、いざというときに必要なものを、常日頃から用意しておくというのは、日本という国に住んでいる以上、習慣にしておいてもいいのかもしれません。

多くの自然に恵まれているというのは、日本にとって非常に大きなメリットですが、その一方で、自然が牙を剥いたときには、その影響をダイレクトに受けてしまうということにもなりますので、自然の恵みと恐ろしさの両方をしっかりと知っておき、そして前もって備えるようにしたいものです。

COCORiLA編集部

83,798 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »