なぜ? 穢れを持ち帰ってしまう風習が流行している?

スピリチュアル

大祓とはなにを祓うもの?

6月30日は、夏越の祓、「水無月の大祓」と呼ばれ、古来から祓いの儀式が行われてきました。去年も紹介しましたが、穢れを避けていた当時の人々にとって、大祓というのは特別なものでした。

基本的に「祓い」は、個人やものに対して行われるものを指します。では、大祓とはというと、こちらは国全体、社会全体といった大きな枠組みを祓うものとなっています。

そんな大祓の歴史は古く、西暦701年に、宮中における正式な年中行事として定められました。こちらによると、大祓は6月と12月の「晦日(つごもりび)」に行われるとされています。晦とは月末のことで、新暦になおすと6月30日と12月31日ということになります。

ですので、6月の大祓は「夏越の祓」と呼ばれ、12月は「年越の祓」と呼ばれていたのです。今では12月末日は大晦日という要素が強く、祓いよりも2年参りや初詣がメインとなっていますが、本来はその年の後半に蓄積された穢れを祓うものだったわけです。

夏越の祓は、今でも残っており、さまざまな神社で6月30日には神事が行われますが、それと前後して設置されるのが「茅の輪」。こちらは文字通り、「茅」という植物を束ねたものです。この、茅の輪をくぐることで、穢れを祓い、病気や災いから逃れられるといわれているのです。

茅の輪の由来

しかしながら、実は、茅の輪とは、身につけるものだったということは意外と知られていません。現在の大きな茅の輪のほうが、インパクトがあり、くぐって穢れを落とすという作法が非常にわかりやすいために、「茅の輪=くぐるもの」というイメージがありますが、そもそもは、腰のつけるものでした。

この腰につける茅の輪には「武塔神」という神様が関係しています。こちらは、あまり聞いたことがない神様かもしれませんが、全国各地に存在している八坂神社の御祭神である午頭天王と同一とされる存在です。

この神様が旅をしていたときに、ある町で家に泊めて貰おうとしたところ、大きな家では断られ、貧しい家に泊めて貰うことになりました。その家にとめてもらったお礼として、翌朝、疫病が流行した時には、茅の輪を腰につけておきなさいというアドバイスを残したのです。その後、実際に疫病が流行ったときに、家のものたちが、アドバイスの通りにしたところ、そこの家だけが病気になることはありませんでした。

これがもとになって、茅の輪を身につけていると病気や災いを避けられるということになったわけです。京都の八坂神社が7月に大きなお祭りをすることからもわかるように、かつて、暑い時期には多くの人が病気などで命を失っていたのでしょう。そこで、1年の半分という節目であり、なおかつ暑い時期に穢れを祓って、健康を願ったというわけです。

穢れを持ち帰る間違った風習

こうした茅の輪を身につけるという風習が微妙に間違った方向で伝わったのか、最近ではちょっとおかしな風習が生まれています。それが神社の設置した茅の輪から、茅を抜いて持ち帰るというもの。

茅を使ってわざわざ小さな輪を作る人もいるのだそうです。こちらは、茅の輪の由来としては正しいのですが、すでに多くの人の穢れを吸っている神社の茅の輪から取った、茅はいかに浄化の力があるといっても、穢れの力が勝っていることの方が多いでしょう。

近年では、なぜかこの間違った風習が広まり、京都の北野天満宮では、茅の輪から茅を引き抜くことは穢れを持っていくことになるとして警告を発しています。そもそも、北野天満宮では、持ち帰りができる茅の輪守りも授与しているということですので、そちらを身につけることがベストでしょう。

神社仏閣などでは、ときおり不思議な風習が生まれたりしますが。間違った風習を信じてしまうと御利益どころか、穢れを持ち帰ることになってしまうので注意したいものです。

COCORiLA編集部

83,798 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »