• HOME
  • ブログ
  • 癒やし
  • エンジェル・セラピスト®水本潤治 「約束を守らない、嘘をつく人に優しくなれる魔法」

エンジェル・セラピスト®水本潤治 「約束を守らない、嘘をつく人に優しくなれる魔法」

癒やし

人間関係を良好にするために使う魔法

人間関係を良好にするために、さまざまな魔法が使えます。

僕たちは魔法の使い方を学校で習いません。

スピリチュアルな視点を持って、日常生活に臨むことで、いつでも誰でもその魔法が使えます。

さて、

あなたの周りに、約束を守らない人、あなたに嘘をつく人はいますか?

そのことで、心の中は掻き乱れて、イライラしてしまう。
そんな自分にも嫌気がさしてしまって、自分を責めてしまうようなこと。

あなたにはありますか?

僕には6歳の娘がいます。

その娘のために、夜、枕元に置いておく水筒があるのですが、それを飲干して「まだ、飲むので、補充しておいてくれる?」と依頼され、その通りにしておくのですが、

朝、起きて水筒を片付けようとすると、

「全く、飲まれた氣配がしない…。」と驚愕するわけです。

そして、誰かに言われて僕の一部になっているような言葉が浮かんできます。

「言っていることとやっていること、違うじゃない!?」
「約束を守らないのは良くないことだよ!」

あまりに自然にそう思ってしまうし、その時、簡単にイライラしてしまったので、立ち止まってみました。

魔法が発動するとき

「ああ、あの瞬間は本当だったんだよな。でも、飲まなかっただけ。」
「飲みたい気持ちはあったけど、忘れちゃったのよね、残念。」
「パパの期待に応えようとして、(娘が)飲干すのも、悲しいわ、そんなの。」

あらためて、僕の一部になってしまっている言葉以外の言葉を紡ぎ出します。
自分の正義に執着せずに、いろいろな視点を用意することです。

そうして、自分自身の洞察が生まれてきます。

誰かにもらった言葉、それは誰のもの?と立ち止まるわけです。

「僕自身も言っていることとやっていることが違うこと、あるよなぁ。」
「あるある、その時の気持ちは本当だけど、心変わりしたり、忘れちゃってしまうこと。」
「僕もどこかでは嘘つきで、約束を守らない人間だもの。」

誰かの声で創られた喧騒の中ではなく、
自分の中にあるものを取りに行く時、魔法が発動します。

つまりは、自分の中にある矛盾に寛容でなかったり、許容していないと、他人の矛盾(のように見える)に厳しくなってしまうようです。

他人は自分を、より鮮明に映しだしてくれる鏡です、ね。

自分の矛盾を外の問題にしているかぎり、自分の人生の責任を取らなくてもいいというメリットはありますが、喧騒とイライラをまとって生きるようなものでしょうか。

自己洞察のために、自分を癒すために。

魔法はいつでも、誰にでも使うことができます。

AQUA MIXT 水本潤治

1,751 views

AQUA MIXT スピリチュアルカウンセラー・整体師・菜食料理研究家・スピリチュアルエッセイスト。 ”水のようにあなたの本質を潤して治す” 直感的・心理学...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。