とても縁起の良いエネルギーを秘めた花

幸運

風水を良くする植物

ちょうど今頃、花を咲かせている縁起の良いエネルギーを持った植物を本日は紹介したいと思います。

その植物の名前は「南天」。中国原産ですが、かなり古い時代に、すでに日本にやってきており、現在では西日本、四国、九州にかけて普通に自生している常緑樹です。

常緑低木などとも呼ばれており、高さは平均して2m程度、高くなっても5m程度までしか成長せず、初夏に白い花をさかせ、初冬に赤色の小さな球状の果実をつけます。一般的に、南天と聞いてイメージする姿は、この球状の赤い果実という人も多いかも知れません。

南天は庭木として植えられることが多いのですが、それは南天が縁起が良いエネルギーを持っているとされているためなのです。なぜ、南天が縁起が良いのか? それは「なんてん」という音が「難を転ずる」に通じるからだといわれています。

ある意味言霊の力といえるわけですが、それによってマイナスをプラスに、ネガティブをポジティブに変えるということですので、不浄を清めてくれるとしてトイレの側に植えたり、鬼門や裏鬼門に植えてそのエネルギーをプラスに転じる、などといった使われ方もされており、風水を良くするという説もあります。

素敵な花言葉

現在では、そういった南天の力は忘れられてしまい、庭木として見ることがポピュラーな木ではありませんが、江戸時代にはさかんに栽培され、以前は郵便切手の絵柄になるほどだったのだとか。

ちなみに南天という、名前の由来は、原産地である中国での「南天竹」「南天燭」から来ているのだそうです。中国には「天子南面」という言葉があります。これは「天子=皇帝」は南に向いて座る、という決まりがあったことに由来しています。こうしたことを考えると、南の天という名前をもつ南天は中国でも縁起の良い木だったのかもしれません。

また、物理的な面では、南天の幹は床柱として珍重されていたそうです。あの有名な金閣寺の床柱も南天なのです。家の根本ともいえる床柱が、マイナスをプラスに変えてくれる言霊をもっているというのはなかなか贅沢かつ霊的に考えられたものとなっていますので、さすが金閣寺という感じがします。

「南天のど飴」という商品があるように、その果実には咳止めの薬効があることで有名で、前述したように、ほとんどの人がイメージする南天の姿は、赤い果実になりがちですが、実は初夏に咲く花も、シンプルで白く清浄な美しさをしています。

その美しさと、前述したような意味合いがあることから、花言葉も「私の愛は増すばかり」「機知に富む」「福をなす」「よい家庭」などと、どれも素敵なものばかりとなっています。

ちょうど今頃は、冒頭に掲載した写真のように、白い花を咲かせていますので、もし、どこかでみかけたならばマイナスをプラスに転じ、浄化をし、福を引き寄せるという南天のエネルギーもあわせて感じてみましょう。

COCORiLA編集部

95,682 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。