似合う色は日によって違う?

美容

こんにちは。
色のちからであなたの新しい可能性を拓く、優秀賞受賞カラーリストの優希宙輝です。

「似合う色なんて日によって違うから、パーソナルカラー診断なんて受けてもねー」
某イベントに出店した際の出来事。私のブース前を女性ふたりがこちらに視線を投げながら通り過ぎて行きました。

結構な声の大きさにビックリ。また、「そんな風に思われているんだ・・・」 二度ショックを受けました。
ちょうど診断している最中だったので、「パーソナルカラー診断というのは・・・」とお声掛けもできず。。

確かにパーソナルカラー診断と言えば、「似合う色を見つける」というものですが、「色単体」を見つけるのではありません。
その方の魅力が引き立つ「色の傾向」を診断するものです。

 

色のグループとは?

つまり、「○○色」という結果ではなく、色みを始め、色を作っている他の要素と総合的に「こういう色の傾向」がお薦めです、と提案するもの。

ですので、日によって映える色が違っていても「その傾向の色グループ」の中で、になります。
グループのことをスプリング、サマー、オータム、ウィンターと呼びますが、ファーストシーズン・セカンドシーズンとしてグループが重なっている場合もあります。

私を例にあげると暗い色が苦手。黒やダークな色はNGです。
タイプはファーストシーズンがサマー、セカンドシーズンがスプリング。
サマータイプはブルーベースなので紺が似合うと言われますが、暗い色が苦手な私は制服以外、これまで身に着けずにきました。

でも、髪を切ったことによって「すごく、似合うね!」とまではいかなくても「そこそこいいんじゃない」くらいになりました。

髪はお顔周りの印象を大きく左右します。ダークな色が苦手なので、髪が長いなら、服を明るくしないと顔色や全体の印象が沈み、重くなっていました。

髪が短く、軽くなったことで服にある程度、紺を持ってきても沈まなくなりました。
こんな風に「似合う色が変わる」ことはあります。

流行ではなく色のグループから選ぶ

知っておいて欲しいのは、パーソナルカラー診断はその変化や違いにこそ、活用できるものということ

お顔や雰囲気が引き立つ色の傾向とは「単色ではなく、グループ」です。
そのグループの特徴を知っておくことで、毎日のちょっとした変化や違いに役立ちます!

似合うグループの中から、お顔色が冴えない日はパッとする色を選ぶ、
知的に見せたい時は落ち着いた色を選ぶ、
若々しく見られたい時にも流行りの色ではなく、グループの中から生き生きする色を選ぶ。
そんな風に♪

 

「日によって似合う色なんて違うから、パーソナルカラー診断なんて受けてもねー」ではなく、
生き物として日々変化するからこそ、
「私ってこんな特徴があって、こういう傾向が映えるのね。今日は~だから、この色に力になってもらおう」と賢く活用して頂きたいです♪

優希 宙輝

1,326 views

自分を慈しみ、大切にし、自分らしく生きるためのセッション、ワークショップを神戸にて行っています。 *内面に向き合って自分を知る ー 本当の気持ちに気づく *...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。