頭上からの魔を避ける道具

スピリチュアル

6月11日は「傘の日」

本日、6月11日は「傘の日」だそうです。なぜ、今日が傘の日になったのかというと、暦のひとつである雑節で、本日が「入梅」にあたるからなのだそうです。

今年は、すでに全国的に梅雨入りしている地方が多いですが、入梅は梅雨入りの時期を知るための目安として考え出されたもの。

ご存じの通り、梅雨入りは年によって異なってきますが、かつての農家にとって、梅雨入りを知ることは、田植えなどの作業日を決めるためにとても重要だったために、とりあえずの目安として「芒種の後の最初の壬の日を梅雨入り」として入梅が定められたのです。ちなみに、現在ではこの定義は古いものとなっていて「太陽が黄経80度の点を通過する日」が入梅の定義となっています。

そんな梅雨に欠かせないものといえば傘。ということで、入梅と絡めて傘の日が制定されたわけですが、この記念日を設定したのは傘メーカーの団体で「日本洋傘振興協議会」というところです。洋傘振興という名称ですが、すでに、現在の日本で流通している傘の殆どが洋傘となっています。

ところで、洋傘と和傘の違いをご存じでしょうか? 大きな違いは材質で、ざっくりいうと、雨を除けるための部分が紙のものを和傘、化学繊維や絹などのものを洋傘といっているようです。和傘は、実は優れた防水性を持っているのですが、紙を使っているため、保管に手間がかかり、なおかつ耐久性も低いために、洋傘が一般的に使われるようになりました。

そんな傘の起源は古く、『日本書紀』にも登場するほど。この時の傘は現在のように柄がついたものではなく、頭に直接かぶるものでした。ある意味、少し前に話題となった東京オリンピックの日傘のようなものだったのかもしれません。今のように柄のついた傘が登場したのは、遙か後の時代で、開閉機構がそなわったのは鎌倉時代頃だといわれています。

実は魔除けだった傘

さらに、柄のついた傘は実はスピリチュアルなものでした。もともとは雨除けではなく、魔除けなどを目的として、身分の高い人を守る為に古代中国で開発されたものだったのです。その後、傘は仏教の儀式用の道具として日本に伝わったとされています。つまり、もともとは雨ではなく、邪悪なものから身を守る道具だったわけです。さらに、その後、実用性が追求され、童謡にも出てくる「蛇の目傘」が登場します。

今ではあまり見られない蛇の目傘は、傘の中央部と縁に青い紙、その中間に白い紙を張って、開いた傘を上から見ると蛇の目模様に見えるようにしたものです。実は、この蛇の目にも、魔除けの意味合いが含まれています。

蛇の目の魔除けというのは、古くから知られており、傘だけでなく、色々なものに使われています。日本酒の品質を確かめるために使われる「利き猪口」というものがあるのですが、これは、お猪口の底に藍色の蛇の目が描かれているものとなっています。日本酒の透明度を見るために、蛇の目は必要なものなのですが、実はそれだけではなく、その魔除けパワーで日本酒を清める意味もあるのだそうです。

かつては、梅雨時の雨は魔が降らせるもの、雨自体が魔だと考えられていました。これは、湿気によって、カビなどが生えやすい梅雨時期に、ものを腐らせる作用を魔の力と考えたとされています。

果たして、そういったものを腐らせる作用などが最初だったのか、それとも上から何か悪いものが降ってくるという発想が先立ったのかは定かではありませんが、今では普通に使われている傘が魔除けの道具だったということは確かです。

扱いが難しいために殆ど見られなくなってしまった和傘ですが、スピリチュアルな意味でも、芸術的な意味でも洋傘とは違った趣をもっていますので、興味をもった方は一本手に入れてみるのもおもしろいと思いますよ。

COCORiLA編集部

96,378 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。