目で天気を感じる装置

癒やし

目で天気を知る

天気を、美しい結晶の形によって直感的に知ることができる道具があります。「ストームグラス」と呼ばれるこの道具は、19世紀のヨーロッパで発明されたといわれています。

名前の通り、ガラス管に化学薬品をつめたものなのですが、その中にできる結晶の形によって天気がわかるとされています。結晶の形が天気を予報する理由については、現代でも詳しいことはわかっていないのですが、19世紀には、まさに天気が命綱ともいえる船乗り達の間で使用されていたわけですから、ある程度の精度はあったのでしょう。

現在では気象衛星を使った天気予報が発達し、様々な情報が精密にわかるようになってきましたので、原始的なストームグラスが使用されることはなくなっていたのですが、その幻想的な美しさから、最近になってインテリアとしての人気がでてきています。

ストームグラスで天気を知る方法

具体的にどのように天気を予想するかというと、ストームグラスの中に、結晶がほとんどできず、低い位置で固まると「晴れ」。星のような形の結晶が浮遊していると「雨」。大きな葉っぱのような結晶ができるときは、「嵐や強い風」。低い位置で結晶ができると「暑い」といったような感じとなっています。

前述したものは、あくまで一例であり、ストームグラスごとの個体差もあるので、毎日のように観察して、自分ならではの解釈を見つけ出すことで、より天気予報の精度もあがっていくという、ある意味主観的な要素も存在しています。

ストームグラスのポイントともなる結晶は、幻想的な美しさをもっており、時にはまるで天使の羽根のように見えることもあります。前述したように、天気を予測するためには、主観的な能力も必要となりますので、生きているかのように育つ結晶を見つめることで、直感が磨かれ、自然の変化を敏感に感じ取れるようになるかもしれませんよ?

最後に、そんなストームグラス内の変化を1時間を2分に圧縮して撮影した動画を紹介しましょう。


自然を体感できる「ストームグラス」をあなたも、身近に置いてみませんか?

COCORiLA編集部

78,528 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。