エッセンシャルオイルの女王といわれる花とは?

美容

6月2日は薔薇の日

本日、6月2日は「薔薇の日」なのだそうです。といっても、6(ロ)ー2(ズ)という語呂合わせなので、世界的なものではなく、日本だけで通用するものといえるでしょう。

薔薇というのは、さまざまな種類が存在しており、それぞれに意味があるとされています。また、古くから紋章に使われるなど、多くの人に好まれた花でもあります。

そんな薔薇には、さまざまな力が秘められており、その成分が凝縮されたエッセンシャルオイルは、数多くあるエッセンシャルオイルの中でも、女王と呼ばれているほど。

ちなみに、同じエッセンシャルオイルでも、「水蒸気蒸留法」で抽出されたものを「ローズオットー」、「溶剤抽出法」で抽出されたものは「ローズ・アブソリュート」として区別されています。

ローズオイルに秘められた力

水蒸気蒸留法は、今から1000年以上前にすでに成立していたといわれる、非常に古くからある抽出法であり、単純な方法であるがゆえに、熱などによって成分が損なわれる可能性があるといわれています。一方、溶剤抽出法は、植物から薬品によって成分を抽出していく方法であり、より変質がすくないといわれています。実際、こちらの方法で抽出された、ローズ・アブソリュートは美しい色をしており、香りも強くなっています。

しかしながら、香りは弱いものの、古来からの方法で作られたローズオットーの方がセラピーやトリートメントには、より強い効能があるといわれていますので、このあたりは使い分けが必要といえるでしょう。

そんなローズオイルには多種多様な効能があります。精神面ではネガティブな感情を払拭し、強いショックや挫折なども、その香りで癒やしてくれるといわれていますし、皮膚に対しては、強い美容効果をもっています。

この皮膚にたいする美容効果に関しては、化粧品で有名な「資生堂」が天然の薔薇に含まれる「シトロネリルアセテート」という成分がリンパ管を強化して、老廃物の排出機能を高めてくれるということを科学的に証明しています。

偽物のローズオイルに注意!

他にもメンタル、身体ともにセクシャルな力を呼び起こす効能もあり、まさに女王の名前にふさわしいローズオイルなのですが、それだけに非常に高価なものとなっています。水蒸気蒸留法で作る場合、1kgの精油を得るために、5トンもの薔薇が必要といわれていますので、それも当然なのかもしれません。

しかしながら、そのパワフルな効能から人気が高く、多くの人が求めるために、現在では世界中で生産されるローズオイルの総量を上回る、ローズオイルが出荷されているといわれています。これがどういうことかというと、多くの偽物が出回っているということにほかなりません。

ローズオイルの真贋を見分けるのはプロでも難しいといわれていますが、まず基本的に安価なローズオイルは偽物だと思っていたほうがいいでしょう。ローズオットーの場合、希釈されたりしていない限り、1万円以上は確実にします。また、他の目安としては、低温でも固まらないものは、偽物の可能性が高いといわれています。

貴重で高価でありながらも、絶大な効能を誇る「エッセンシャルオイルの女王」。うまく活用すれば少量でもその力を発揮してくれるものですので、偽物をつかまないようにしっかりと吟味した上で、そのパワーを受け取りたいものです。

COCORiLA編集部

102,094 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。