勝負写真こそ、パーソナルカラーを!

美容

こんにちは。
色のちからであなたの新しい可能性を拓く、優秀賞受賞カラーリストの優希宙輝です。

ちょっと前にブログのプロフィール写真を変えました。

バラの香りが漂ってきそうなお気に入りのショット☆彡

写真の背景は大事

「できるだけ顔出ししたくない」のリクエストを入れながら、撮影してもらいました。

顔出しはしたくないけど、ブログを読んでくださる方に雰囲気はお伝えしたい・・・

そんな想いで今までは顔が写らないアングルを狙って自撮りしていました。

人に撮ってもらうと構えてしまって、不自然な表情になりがち。
でも、撮ってもらえるといろんな角度からが可能になるので、違った良さが!

お花に囲まれているのもうれしい

写真は絵よりも切り取り要素が強くなるので背景ってすごく大事ですよね。
お花の色でも印象が変わるし、被写体に映える色なのかも重要!

いろんな色のバラをバックに撮ってもらいましたが、撮られる人の色調に「合う、合わない」がありました。

映えを左右するパーソナルカラー

 

色は*色み(赤や青など) *明度(明るさ) *彩度(鮮やかさ)から成り立っていますので、この3つのバランスが鍵になります。

私の場合、色み:青みがかった 明度:明るめ、彩度:そこそこ鮮やか がストライクゾーンのパーソナルカラー サマー/スプリングタイプ。

黄色寄りの色みや暗い、明るすぎる、鮮やかすぎる、薄すぎると映えません。
映えないとわかっていながら、あまりにきれいだったので真っ赤なバラやうすいオレンジ系も撮ってもらいました。

お顔のパーツを隠しても肌の色、髪の色で「映える・映えない」の差が感じられるでしょうか?

赤は色みの中で最も鮮やかな性質を持っています。
そして緑と反対色(補色)の関係になるので、赤いバラは葉っぱとのコントラストが大きく、インパクトが強くなってしまいます。
最初の写真が赤いバラだったとしたら、赤の迫力に押され、飲み込まれてしまいそう・・・

ソフトなトーンが映える私はピンク系のバラの方がマッチします。

黄色でも黄みが強くなく、ダークでなく、鮮やかすぎないバラならOK

写真を見てあらためて、背景にも色彩調和!! 
パーソナルカラーが映えを大きく左右するな~と実感しました。

せっかくだったら映える色、そして自分らしさがよりよく伝わる方がいいですよね。

自撮り派も、撮ってもらいた派も、プロフィール・婚活用など勝負写真撮影には 
服だけでなく、背景にもあなたが引き立つ色、パーソナルカラーを取り入れることをお薦めします。

 

優希 宙輝

1,412 views

自分を慈しみ、大切にし、自分らしく生きるためのセッション、ワークショップを神戸にて行っています。 *内面に向き合って自分を知る ー 本当の気持ちに気づく *...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。