仏教の世界がより身近になるおてらぶアイテム

癒やし

密教展にちなんだ可愛らしいアイテム

長い歴史を持つ仏教、それだけに様々な文化に影響を与えているものでもあります。また、仏教に関する偉人も多いのですが、全国各地に逸話を残している人物といえばやはり「弘法大師空海」でしょう。

真言密教の開祖であり、さまざまな逸話を持つ空海に由来した仏像を集めた特別展が、現在、東京国立博物館で開催されています。

「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」と銘打ったこちらの特別展は、東寺から史上最多の15体の仏像が出品され、数こそ東寺講堂には劣るものの、全方位360度から立体仏像曼荼羅を体感できるようになっています。また、空海が持ち帰った現在では国宝とされている密教法具などをつかって、真言密教における秘密の儀式である「後七日御修法」が行われる再現するなどの展示が行われています。

6月2日まで開催されるこちらの特別展は、美術的な観点はもちろん、スピリチュアルな観点からみても、貴重かつ特別なエネルギーを感じることができるものですが、今回紹介するのは、そんな特別展にちなんだアイテム。

それが密教法具チャームや、東寺のもちもち邪鬼ポーチ、もちもち金剛杵ペンケース、曼荼羅パラソルなどといったもの。

これらは、古来から存在し、美術的には国宝とされる一方で、強力な霊的なエネルギーが秘められている密教法具や、仏像をモチーフとしながらも、日常生活の中で使うことも可能なデザインになっています。

仏教を身近に感じる

そんなちょっと変わったアイテムを取り扱うのが、「フェリシモおてらぶ」。通販サイトであるフェリシモの中に、お寺文化から心豊かな暮らしのアイディアを見つけるmというコンセプトで生まれたものとなっています。

前述したようなものは、今回の特別展に由来したものとなっているのですが、他にも特徴的な仏像の髪型である「螺髪」を再現したニットキャップや、字が読めない人のために作られた絵ですべてを表現した「絵心経」が書かれたマスキングテープ、千手観音の腕をモチーフにしたクッションなどなど、独創的なものばかりです。

どれもが仏教をモチーフにしながらも、オシャレで普段使いも充分できるものになっているのが面白いので、興味を持たれた方は下記をチェックしてみてくださいね。

フェリシモおてらぶ

COCORiLA編集部

110,050 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。