• HOME
  • ブログ
  • 健康
  • インフルエンザ予防から雷除けまで、さまざまな効能が秘められたエルダーフラワー

インフルエンザ予防から雷除けまで、さまざまな効能が秘められたエルダーフラワー

健康

万能の薬箱

「万能の薬箱」という異名を持つほど、さまざまな効能を持っているエルダーフラワーという植物をご存じでしょうか? 日本名は「セイヨウニワトコ」。ちょうど、今頃の、5月から6月にかけて可愛らしい花を咲かせる植物です。

あまり日本での知名度は高くありませんが、こちらは花だけでなく、枝や根、実などほぼすべてに薬効があるというハーブです。そのために、冒頭で紹介したように「万能の薬箱」と呼ばれているというわけです。

基本的な薬効としては、発汗や利尿といったデトックス効果、さらには美白効果やリラックス効果などがありますが、抗アレルギー、抗ウィルス作用もあるために、風邪や花粉症対策などにも効果的として注目されています。

そんなエルダーフラワーですが、最近オーストラリアのシドニー大学が、エルダーフラワーの実であるエルダーベリーが、インフルエンザウィルスに有効という研究結果を発表しました。

それによると、エルダーベリーに由来した化合物がインフルエンザウィルスの細胞への侵入と、細胞複製を阻害し、免疫反応を強化することがわかりました。なんと、感染前だけでなく、感染後にもウィルスの増殖を抑制するというのです。

このように、さまざまな力が秘められたエルダーフラワーですが、実はおまじないでも使われています。雷から身を守るためのおまじないに、エルダーフラワーを使うのです。

エルダーフラワーの様々な利用法

具体的にどうするかというと、白い小さな袋に、パセリを小さじ1、エルダーフラワーの花びらを数枚、どんぐりを数個、そして袋を満たすぐらいの粗塩を詰めるだけでOK。これを身につけておくと、雷から身を守れるのだそうです。

そんなエルダーフラワーの花を使って、これからの季節に作りたいものがあります。それは、ヨーロッパの初夏の味といわれる「エルダーフラワー・コーディアル」。コーディアルとはシロップのこと。色々な作り方がありますが、簡単な方法を紹介しましょう。

エルダーフラワーの花の部分を用意します。成分が落ちないように軽く洗ったら、お湯を沸騰させて、砂糖を溶かしたものの中に入れます。花びらをいれたならば、弱火で少し煮て、次にレモン汁をいれて、しばらく煮てとろみがでたら、火を止めて、しばらく蓋をしてから蒸らします。

冷めてから保存容器にいれておき、炭酸水で割ったり、ビールで割ったりするなど、色々な使い方ができます。美容にも健康にもよく、雷除けにもなるというエルダーフラワー。この機会に、生活に取り入れてみませんか?

COCORiLA編集部

70,633 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。