令和最初の流星群は願望達成力2倍!

幸運

令和最初の流星群と新月のエネルギー

5月6日ごろに、令和最初といえる流星群がやってきます。その流星群とは「みずがめ座エータ流星群」と呼ばれるもの。ハレー彗星を母天体としているものの、珍しいものではなく、毎年、同じぐらいの時期に極大を迎えるものです。

今年は5月6日に極大を迎え、見頃は5月7日の日の出前とされています。これぐらいの時間ならば、1時間に10個程度の流れ星が見えるということ。まさに、流れ星に願いをかける絶好のチャンスなのですが、実はこれぐらいの時間まで、もうひとつ宇宙のエネルギーが動いています。

それが、新月のエネルギー。

ふたつのエネルギーを同時に受け取れる時間とは?

COCORiLA読者の皆様ならば、すでに説明は不要かもしれませんが、新月の日に願い事をすると叶いやすいといわれています。そんな新月が、令和最初にやってくるのが5月5日、正確には5月5日7時45分なのです。

一般的に新月のエネルギーはボイドタイムを除いて、48時間は持続するとされています。今回のボイドタイムは、5月6日0時10分から5月6日12時40分となっていますので、みずがめ座エータ流星群が見頃となる、5月7日の日の出前は、まだギリギリで新月のエネルギーが残っているということになります。

ちなみに、今回の新月は牡牛座のパワーを強く受けています。牡牛座は、物質的な領域に強く関わるものであり、なおかつ金星の影響を受けていますので、愛や美、そして豊穣といったものを強く受け取ることができるでしょう。

オススメの願い事

5月1日に豊穣の女神のエネルギーを受け取る儀式がある地域があることからもわかるように、5月という今頃の時期は、生命が燃えさかる力を秘めていますので、おのずと5月が持つエネルギー自体も、豊穣と深く関わるものとなっているわけです。

つまり、今回の新月は、お金を含めた物理的な豊かさや楽しさを引き寄せたいと願っている人にとっては、まさにうってつけ。恋愛の場合は、ちょっと物理的というか、生々しいものを引き寄せがちなので、ロマンスや精神的な結びつきを重視する人にはオススメできません。

天から降ってくる流星がもたらしてくれるエネルギー、そして地球からはみえないものの、宇宙空間を照らし出し、牡牛座のエネルギーを放射してくれている月のエネルギー、それらを充分に受け取るために、5月7日はちょっと早起きをしてみませんか? 昔から、早起きは三文の得などといわれていますが、5月7日の夜明け前はそれ以上にお得なエネルギーを受け取れるはずです。

COCORiLA編集部

113,814 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。