誰も見たことがない三種の神器がもつ霊力

スピリチュアル

先日、平成から令和へと元号が変わるにあたって、天皇陛下の即位も行われました。その時に欠かせないものが「三種の神器」。令和となった5月1日にはテレビなどで「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」という言葉を聞いた方も多いのではないでしょうか?

この儀式で使われるものこそが、三種の神器なのですが、それぞれが、どんなものなのか、まずは簡単に紹介したいと思います。

2つの名前を持ち邪気を祓う草薙剣

最初のひとつが「草薙剣」。素戔嗚尊が八岐大蛇を退治したときに、その尻尾からでてきた剣で、当初は「天叢雲剣」と呼ばれていました。三種の神器の中では、武力や力の象徴とされることが多いのですが、八岐大蛇を切ったのは、草薙剣ではなく、十握剣であり、草薙剣自体は、敵に害を与えるために使われるよりも、邪気や苦難を払うための道具として使われたエピソードが多いというもの。

天叢雲剣が、草薙剣と呼ばれるようになった事件もそのひとつです。日本武尊が草原で火に囲まれた時に、この剣を使って火を切り払ったことから、その名がつけられました。ちなみに、日本武尊が命を落としたのは、この剣を持たずに悪神を退治しにいったために、邪気を受けてしまったのが原因といわれています。それだけ邪気を払う力が強い剣だったということでしょう。

しかしながら、三種の神器の中で、最も謎が多く、その存在自体が疑問視されているものでもあります。前述したように呼び名が草薙剣と、天叢雲剣という2種類あること、そして来歴がハッキリとわかっていない点などがある上に、壇ノ浦の戦いで安徳天皇と一緒に海の底に沈んだという説もあるのです。

謎に包まれてはいるのですが、愛知県の熱田神宮の祀られているものが本物だとされており、今回の皇室の儀式などで利用されるのは、そちらのレプリカとなっています。

天照大神を天岩戸から引き出した八咫鏡

二つ目が「八咫鏡」。こちらは、天照大神が岩戸に隠れてしまった時に、そこから引っ張り出すために、天照大神以上に尊い神が現れたと大騒ぎして、顔を出した天照大神を写しだすために使われた鏡です。

日本の神社に、鏡はつきものであり、ご神体として祀られることも多く、また太陽のシンボルとされることから、天照大神自身の身代わりとして、天孫降臨の時に、孫である瓊瓊杵尊に八咫鏡を授けたといわれています。

瓊瓊杵尊は、皇室の祖先ですので、非常に縁が深い神器なのですが、こちらも本体は伊勢神宮に祀られているものであり、皇室にあるものはレプリカとなっています。

唯一、皇室に保管されている八尺瓊勾玉

最後が「八尺瓊勾玉」。勾玉自体の歴史はとても古く、縄文時代の遺跡からも発掘されているほどですが、こちらは名前からすると、かなり巨大なものだったのではないかと考えられています。さらに、数も多かったという記録もあるために、大きな勾玉を中心にした装飾品だったのかもしれません。

『古事記』に伊弉諾尊が、天照大神などの三貴子を生み出した後に、自分の首に付けていた玉飾りをはずして、天照大神に送ったという話があり、この時の玉飾りが勾玉だという説があることを考えると、そもそも首飾り状のものが正しい勾玉だったということも充分にあり得ます。

こちらは、三種の神器の中で、唯一皇室に本物があるとされていますが、歴代の天皇であったとしても目にしたことがないという神聖なものとされています。

すべてがご神体

どれもがご神体であり、本体を見ることは許されていない三種の神器は、即位という重大な儀式の時であっても、神霊の依り代である形代=レプリカを使うことが基本となっています。このレプリカですら、その姿を見た人はほとんどいないのです。

謎に包まれた三種の神器には、それぞれいわくがあり、草薙剣がすでにないというものや、八尺瓊勾玉は、元々は三種の神器ではなかったというものなど、いろいろといわれていますが、それでも即位のときは欠かせないものです。

なぜならば、かつて三種の神器を即位の際に用いなかったことで、天皇としての正統性を疑われてしまったり、自らが擁立する皇室の権威付けのために、三種の神器争奪戦が行われたりするという歴史があるからなのです。

令和の時代でもその霊力は健在

海外ではこのような日本の儀式が興味深くうつるのか、あちこちで、色々な形で報道されたようです。確かにレプリカといえども、目にすることを許されず、さらに本物は神話の時代から存在しているというのは、まるでフィクションの世界の出来事のように思えるかも知れません。

実際に、剣璽等承継の儀の当日には雨が降っていたのですが、これは、草薙剣の別名である天叢雲剣が、「叢雲を呼ぶ剣」という意味を持つことから、雨を呼んだのではないか? と、SNS上で話題となりました。ちなみに、昭和から平成へと変わる時の剣璽等承継の儀でも雨が降っていたということで、21世紀になっても、三種の神器の力というものは、ある意味信じられているといえるでしょう。

そんな歴史が脈々と伝わる日本。令和という新しい時代になっても、そんな伝統を失わせずにいつまでも伝えていきたいものです。

COCORiLA編集部

110,108 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。