八十八夜だからこそ、緑茶で心身をスッキリとさせる

リラックス

緑茶の日

本日、5月2日は「緑茶の日」。元号がかわって新しいエネルギーが動き始めたタイミングで、緑茶を飲んで、心身を浄化しておきませんか?

わざわざ「緑茶」の日となっているだけあって、本日は緑茶限定の記念日。日本茶葉中央会が茶摘みの最盛期である八十八夜を緑茶の日として制定しました。

「夏も近づく八十八夜~♪」という歌でお馴染みの「八十八夜」ですが、こちらは、立春から88日目のことです。この日につんだ新茶は質が高いだけでなく、この日にお茶を飲むと長生きできるともいわれています。

お茶の日はいくつもあり、2月6日の抹茶の日、6月1日の麦茶の日、11月1日の玄米茶&紅茶の日などなど、まさにお茶が私たちにとって、どれほど身近な飲み物なのかということがわかります。

そんなお茶ですが、起源としては中国が一番古いのではないかといわれています。約5000年前に、中国の神農という皇帝が木陰で白湯を飲もうとしていたところに、一枚の葉が舞い降りてきました。神農は気にせずに葉をそのままにして飲んだところ、ただのお湯がとても豊かな味と香りに変わっていたのです。このときの葉こそが、お茶の葉だったと伝説は伝えています。

偉人達がもたらしたお茶

神農は伝説上の人物で実在はしないといわれていますが、ダルマ人形のモデルとなったインドの高僧であり禅宗の開祖である達磨大師が、中国へ向かう途中でお茶の葉を見つけたという話も残っていて、こちらは約2600年ぐらい前の話だそうです。

そんな気が遠くなるほど昔から親しまれてきたお茶が日本に伝来したのは、今から1200年ほど前のこと、平安時代頃だとされています。中国に留学していた、空海や最澄といった僧侶がお茶の種を持って帰ってきたというのです。

日本中に、様々な伝説を残している空海が持ってきたということを考えると、お茶にはスピリチュアルなパワーがたっぷりありそうな感じがありませんか? 実際に、お茶の香りは心を落ち着けてくれますし、消臭や殺菌剤としても活用されています。

畳をふいたり、抗菌剤としたり、また肥料としても活躍するなど、さまざまな効能をもつお茶ですが、古来は不老長寿の薬として伝えられていたそうです。お茶に含まれているカテキンに、さまざまな力があるというのは近年では周知の事実となってきましたが、昔の人は経験から、そんなお茶の力を把握していたのでしょう。

そんなお茶を飲むのにベストな日だといいつたえられてきた八十八夜の本日は、ぜひ緑茶を飲んで、豊かな味と香りと共にそのパワーも吸収してみてみませんか?

緑茶を活用しよう!

緑茶を飲むことで、心身がリラックスして浄化されますが、さらに緑茶の葉を活用して、身の回りを浄化することも可能です。緑茶の葉を少量、床にまいてから掃除をすることで除菌効果はもちろん、邪気を祓う力もありますので、家に悪いエネルギーがたまらないようにすることができます。

また、緑茶の香りを最大限に活用するためには、茶香炉もオススメです。これは、簡単にいってしまうと和風アロマ。

専用の茶香炉があるとベストですが、アロマポットでも代用は可能です。ただし、熱を加えることができるものが必要となります。

茶葉をアロマポットの上において、キャンドルに火をつけます。そうすると、ゆっくりじっくりとお茶の香りが漂ってきます。この香りには、リラクゼーション効果があり、ストレス解消にもなりますし、もちろん、邪気を祓うパワーもあります。

色々な使い方ができますので、本日は何らかの形で緑茶に触れることがオススメですよ!

COCORiLA編集部

110,107 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。