自室をパワースポットにする

スピリチュアル

自分にとってのパワースポットとは?

神社仏閣、あるいは美しい自然のハーモニーが奏でられるところなど、いわゆる”氣”がよいところ、よい”氣”が流れているところでは、ホッとくつろいだり、元気をもらえたりするひとが多いですよね。
私もそういう場所で過ごすことが大好きなのでときどきお散歩に出かけますが、個人的には、必ずしも自然豊かなところや神社仏閣などではなくても自分がホッと寛げるところであれば、それが「自分にとっての」パワースポットになると思っています。

ですから、都心の人が多くにぎやかなところでもトレーニングジムなど肉体を活発に動かすところでも、自分にとって心地よければそれでよいと思います。
逆に言えば、多くの人にとってのパワースポットであっても、自分が心地よくなければ、少なくとも「自分にとってのパワースポットではない」ので無理に行かなくてもよいと考えます。

ところで、多くの人が最も気軽に利用しているパワースポット、パワーチャージができるところは、ご自宅、私室でしょう。
仕事や外出先などから帰ってきて自分の部屋・・自分の「領土」に入ると、ホッとしますよね。
そんなわけで、今回は自分のお部屋(完全個室の自室を持つことが出来なければ、共同スペースの一角を自分専用と識別することもできます)を自分専用パワースポット、パワーチャージできる空間にする方法を提案いたしますので、よろしかったら参考にしてください。

自分だけのパワースポットをつくる方法

0.前処置
お引越しなどで住居を移られた場合、新築であっても以前誰かが住んでいた後に入られたとしても、玄関を入ったらまず部屋に挨拶をしましょう。
おそらくお掃除は終わっていると思いますが、簡単でいいので改めてお部屋を掃除して、これからしばらく世話になる旨を伝え、自分の癒しの場にする許可をもらい、感謝してください。

1.持ち物の点検をし不要なものはリサイクル、処分する。
みなさんは、ご自分がいま何をどれだけ所有しているか、きちんと把握していますか?何がどこにあるかわからないままだと、同じものをいくつも買うミスを繰り返します。
また、モノを所有した時点でそれと自分とがエネルギー上で繋がりますから、持っていることを忘れていてもモノの数だけエネルギーは常に消費されていきます。この状態だと、すぐにエネルギー(肉体のバイタリティとは別です)が枯れやすくなります。自分がきちんと管理できる程度の持ち物の数にすると、自分がしたいことに集中できるようになりますよ。

2.お掃除をする。
毎日とは言わずとも定期的にお掃除すること推奨です。床や壁の埃を払ったり、時間があるときには丁寧に水拭きするなどして清潔さを保ってください。窓を解放して空気の入れ替えもしましょう。窓ガラスや鏡などの汚れもきれいにぬぐってピカピカにしてくださいね。

3.リネン類の洗濯は頻繁に、季節ごとなどに適宜交換もする。
カーテンや寝具(シーツやカバーなど)は、お洗濯は当然、季節ごとなど定期的に交換することもよいようですよ。

4.部屋の角でベルを鳴らす、あるいは柏手(かしわで)を打って邪気を祓う
お部屋の角は邪気が溜まりやすいので、お好みのベルを鳴らしたり、天井から床までの数か所を大きくパンパンパンと柏手を打ってもよいでしょう。

5. お香を焚いて、香りと煙で空間を浄化する
お香は、香りででもですが煙が邪気を祓うのによいそうです。お香の形状はコーンでもスティックでも粉末でもかまいません。使いやすいもので、香りもお好みのものを使うとよいでしょう。

6.結界を張る
ゴールドやシルバー(あるいは自分の好きな色)を思い浮かべ、お部屋やその一角を満たします。

基本的に、自分にとって居心地の良い空間にすることが第一ですが、あまり散らかさないこと、毎日とは言わずとも、お掃除はきちんとすることをお勧めします。
お香やベルなどによる浄化は、できればお掃除のたびにすることを推奨しますが、自分がしたいときにする、でもいいと思います。
これらを定期的に繰り返すことで、お部屋が自分にとっての素晴らしいパワースポットのひとつとなることでしょう。

佐倉ゆめか

5,130 views

小中学校で養護教員(保健室の先生)をした後カイロプラクティック師に転身、ゲストの体の美と健康に貢献。のちに、心身だけでなく魂との調和も大切にして自分らしく豊...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。