植物が生きているのを実感できるパルダリム

癒やし

自宅で森を育てる

平成最後であり、令和最初となるゴールディンウィークまっただ中、皆さんは、どのような休日を過ごしているでしょうか?

特にやることがないという方は、お部屋の中に大自然を再現し、植物の力を感じられる施設を作ってみるというのはいかがでしょう? ガラスの容器の中で、自然環境を再現するものとしては「テラリウム」が有名です。

こちらは、近年にかなり注目が集まっており愛好家も多いものですが、実はその歴史はかなり古く、最初に考えたのは、今から200年近く前、19世紀の医者だったといわれています。現在では、ガラス容器や、LED照明、温度調整などが小型化したことにより、より小型で複雑なものが作られるようになっています。

そんなテラリウムの中で、熱帯雨林の再現をメインとしたものが「パルダリウム」と呼ばれています。熱帯雨林という、まさに自然が凝縮した環境を再現することから、室内に小さな森が生まれるといっても過言ではありません。

植物が生きていることを実感する

具体的に、どんな感じなのか? パルダリウムが成長していく様子をまずはご覧下さい。

 

最初は小さな木が生えていただけだったものが、時間がたつにつれ、どんどんと緑が増えていって、小さなガラスの中に、森が誕生していることがわかると思います。

古くから存在している盆栽をはじめとして、小さな国土に住む私たち日本人は、このような小さな空間に自然環境を再現するということに、なにか強い魅力を感じるのかもしれません。

ちなみに、このパルダリウムでは、苔もよく栽培されるのですが、一見するとほとんど動かないはずの苔が、しっかりと生きているということがわかる動画をご覧になってみて下さい。

こちらは、キノコをベースとしたものなので、パルダリウムというよりも、テラリウムに近く、独自の名称としてきのこリウムと称していますが、注目して欲しいのは、苔の動き。

密閉された空間にあるにもかかわらず、キノコの生長に負けないぐらい苔が動いていることがわかると思います。もちろん、さきほどのパルダリウムも、こちらのきのこリウムも、肉眼で動きがわかるわけではありませんが、無意識で常に植物の生命力を感じることはできますので、自然のエネルギーに常に触れたい方は、自分で育てて見るというのはいかがでしょう?

COCORiLA編集部

70,639 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。