完全食から不食へといたる道

健康

近年注目を集める不食

スピリチュアルな世界では、断食はポピュラーな行為といえますが、そこからさらに進んで太陽のエネルギーだけで生き続けている人や、水分だけで生きているという人も存在しています。

少し前のことですが、俳優の榎木孝明さんが、一ヶ月の不食にチャレンジして話題となりました。このように不食にチャレンジするという人は増えてきていますが、いきなり完全に食べるのをやめるというのは、なかなかハードルが高いのも事実です。

完全食とは?

そんな中で、飲むだけで生存に必要な栄養素がすべて補給できる「完全食」にも注目が集まっています。完全食というと、日本では今から100年近く前に、二木謙三という東大の教授にもなった医学者が、発芽玄米を完全食として定義し、ヴィーガン的な食生活を提唱したことが知られていますが、そのようなものではなく、すべての栄養素をバランス良く配合したものを今回は「完全食」と呼んでいます。

そんな完全食の先駆けとなったのが、2013年に開発された「ソイレント」。このちょっと変わった名称は、1973年に公開された名作SF映画『ソイレント・グリーン』に由来しています。この映画は、人口増加によって世界的に食品が欠乏した2022年を描いたものですが、ここに登場する安価で新しい食料がタイトルでもある「ソイレント・グリーン」なのです。

タイトルになっていることからもわかるように、ソイレント・グリーンには秘密が隠されており、とても恐ろしいものが原材料となっているのですが、それだけに多くの人にインパクトを与えました。そのインパクトと、食糧不足に備えるという意味合いもあって、「ソイレント」という名称が選ばれたのでしょう。

ソイレントは、クラウドファンディングで目標額を上回る15万ドル以上もの資金を集めて開発を開始しました。当初は調子が良かったのですが、ソイレントの原料である藻によって、体調を崩す人がでたり、カナダで完全食として認められずに販売が禁止されるなど、なかなか苦難の道を進むことになりました。

といっても、実際に、ソイレントだけで一ヶ月過ごしたという人は多く存在しており、味はいまいちなものの、肉体的にはまったく問題なく、逆により健康的になったり、食事の時間を短縮することで生産性が高まったという体験談も多く存在しています。

大手メーカーも参入する日本の完全食

このようなこともあり、日本でも完全食である「COMP」というものが登場しています。こちらもソイレントと同じように、飲むだけで必要な栄養素がすべて摂取できるようにデザインされており、当初はソイレントと同じようなドリンクタイプのみだったのが、現在では色々なものに混ぜられる粉末タイプや、かみ応えを楽しめるグミタイプなど、色々な種類が登場しています。

ソイレントは先駆者だったために、色々と失敗してしまった感じですが、COMPだけでなく、最近ではついに、カップ麺で有名な日新が完全食を出したとして話題となりました。

13種類のビタミンと13種類のミネラル、食物繊維・タンパク質などがはいった、こちらの完全食は「All-in PASTA」という名称になっています。名前からもわかるように、パスタベースであり、麺とパスタソースがセットになったものを中心に、麺とパスタソースそれぞれを購入することができるようになっています。

ソイレントやCOMPに比べると、より食品らしくなっており、ジェノベーゼや、ポロネーゼ、アラビアータといった定番のパスタソースを味わえるようになっています。そのために、完全食といっても、食べ物に制限のあるヴィーガンなどの人には向かないのですが、初めて完全食にチャレンジしたいという方にはオススメできます。

もし、これから不食にチャレンジしたいと思っている方がいるならば、はじめから完全な不食をはじめるよりも、最初のうちはAll-in PASTA、そして次はソイレントやCOMPといったドリンクタイプの完全食というように、徐々に通常の食事に置き換えていくのが簡単かも知れません。ヴィーガンや菜食主義の方は、All-in PASTAはちょっと厳しいので、COMPのように大豆など植物性の原料をベースとしたものをチョイスするといいでしょう。

COCORiLA編集部

102,067 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。