お花見をしながら桜の力を取り入れる方法

リラックス

今週末はお花見のチャンス!

今年は寒暖差が激しく、なんとか首都圏でも週末までギリギリ桜が残りました。といっても、今週末がお花見のラストチャンスといっても過言ではないでしょう。

日本における桜の歴史は古く、『古事記』や『日本書紀』にも、桜に関する記述があるのだそうです。そもそも、桜の語源のひとつとして木花之開耶姫の「さくや」が転化して「さくら」になったという説があるほど。

木花之開耶姫は、浅間神社に祀られていることから、富士山の神様として有名ですが、火の中で出産したというエピソードを持つ火の神様でもあります。とても美しい女神であるがために、夫に不倫を疑われた時に、潔白を証明するために自ら産屋に火を放って、その中で出産をするなど、なかなか芯の強い側面もあります。

その強さ、潔さ、美しさは、なにもない木に突然花が咲き誇る生命力、そして美しく咲いた後には潔く散る、桜のイメージに確かにぴったりという感じがします。

桜の語源として、有力なものは他にもあり、そちらは、春に里へと下りてくる稲の神が宿る場所=「稲(さ)の座(くら)」というもの。こちらは、美しさはともかく、神聖かつ、エネルギーに満ちあふれた感じが、桜にぴったりといえるでしょう。どちらの語源が正しいにせよ、日本人が桜をとてもスピリチュアルなものだと考えていたことがわかると思います。

このように、桜は古来からスピリチュアルなものとして捉えられていただけでなく、江戸時代には「もののあはれ」などを基調とする、日本人の精神性の表れとされたりもしました。また、旧5000円お札で有名な、新渡戸稲造は武士道を桜の花にたとえたりもしています。

こういったバックグランドがあるからこそ、4月には、多くの人たちがお花見を楽しむのかもしれません。一般的にお花見というと、飲んだり騒いだりがメインで、桜を見るのはおまけになったりしがちですが、桜の美しさ、そしてエネルギーを感じて、改めて日本人のもつ精神性を確認するためのお花見というのも素敵だと思います。

桜のエネルギーを取り入れるワーク

ということで、せっかく、お花見にいくのならば、そのエネルギーも取り入れてみませんか?

今回は、以前にメルマガで紹介した桜のエネルギーを取り入れるワークを紹介します。

お花見をしながら、桜の花を眺めます。

風で揺れているかもしれませんし、鳥が止まっているかもしれません。

もしかしたら、花びらが散っているかもしれません。

そんな光景を一心に見つめます。

無理に心を空っぽにする必要はありませんが、とにかく、桜の美しさに集中しましょう。

そうすることで、いつしか精神が瞑想状態へと誘われます。

心が静まり、瞑想状態に入ったならば、ゆっくりと深呼吸しましょう。

桜の木のエネルギーが、吸い込んだ息と共に身体全体に取り込まれるところをイメージします。

ピンク色の光が吸い込まれるところをイメージするのもいいかもしれませんし、桜のいい香りが体中に吸い込まれていくというのを感じてもいいでしょう。

お花見の季節には、桜の花のエネルギーが充満していますので、普通に呼吸をするだけでも、そのエネルギーを取り込むことが可能ですが、前もって、美しい桜を見ながら瞑想状態に入ることでより、エネルギーを受け取りやすくなります。

このワークは、特に大きな動きも必要ありませんし、外から見たら単にお花見をしているだけにしかみえませんので、お花見の途中で自然に行うことができるはずです。

春という全てが動き出す季節に、豊穣の力と美しさに溢れた桜のエネルギーを取り込んでおくことで、あなたの生活にも美と豊かさがもたらされるはずです。

とてもシンプルなワークですので、お花見にいったら、ちょっとだけ時間をとって試してみて下さいね。

COCORiLA編集部

89,614 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。