御朱印の意義を再確認しませんか?

ニュース

SNSで話題となった御朱印廃止の理由

御朱印ブームは、数年前から続いており、すでにブームというよりもひとつの趣味として定着している感じもあります。それだけに、御朱印帳専門店ができたり、神社仏閣でも季節限定の御朱印や御朱印帳を用意して、参拝客を集めるという手法が使われたりもしています。

その一方で、御朱印集めをスタンプラリーと同じように考えていたり、期間限定の御朱印をコレクターズアイテムとして転売するなどといった、本来の意義から完全に外れてしまった行動も増えてきています。

そんな中、つい先日、SNS上で白虎隊の墓所にある土産物屋さんに掲示された内容が話題となりました。それは、現地で「白虎隊御朱印」を書いてきた白虎隊墓守家の5代目の方によるもの。

それによると、書家でもあることから、時間をかけて心を込めて書いていた御朱印を、せかす人や、手際が悪いなどのクレームをつける人、さらには転売する人などがおり、そういったことが積み重なった結果、御朱印自体が停止してしまったというのです。

御朱印によって、神社仏閣が活性化する一方で、このような出来事は全国各地で起きています。ブームになったばかりの時にも、浅草の「浅草寺」が御朱印集めについて、参拝もせずに、御朱印だけを貰うというスタンプラリー的な風潮について、苦言を呈しています。

一般的になった今だからこそ、本来の御朱印が持つ意味を再確認しておく必要があるといえるでしょう。

御朱印の起源や意義

御朱印の起源は定かではないのですが、もともとはお寺に写経を収めたときにもらえる、受領印だったのではないかというのが有力な説です。ですので、お寺の場合は現在でも納経といって写経を収めないと御朱印がもらえない場所もあります。だからこそ、前述のように浅草寺は御朱印集めにすぐに苦言を呈したわけです

起源がお寺であった説が有力なのにもかかわらず、神社でも、御朱印を授与しているのは不思議な気がしますが、神仏習合の時期に、参拝の証として神社でも御朱印を出すようにしたことがきっかけだといわれています。

このように、本来は納経や参拝といった信仰の証ですので、参拝をせずに単に御朱印だけを集めたり、それを転売するなどといったのは、いかに意味のない行為であるかがわかると思います。このような、本来の御朱印の意義をしっかりと確認し、あくまでも自分が参拝したことの結果として、御朱印を受け取るようにしたいものです。

COCORiLA編集部

102,074 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。