子供を危機に陥れる動画、エルサゲートの恐怖

ニュース

今、大問題となっているエルサゲートとは?

最近、YouTubeで子供に悪影響を与えるとして話題となっている動画があります。それは単一の動画ではなく、様々なものが存在しており、総称して「エルサゲート」と呼ばれています。

こちらは、ディズニー映画の『アナと雪の女王』に登場する「エルサ」と、スキャンダルに関連したできごとに使われる「gate」を組み合わせた造語。

これらの動画では、エルサのような、多くの子供から人気を集めているキャラクターが、本来はあり得ないような行動を取ることで、子供にショックを与えるためにこのような名称になったのです。

たとえば、正義のヒーローが子供に暴力を振るったり、ディズニーヒロインが無用にセクシーな行動をとったり、アンパンマンやドラえもんが悪い言葉を使ったり、残虐なシーンが突然映し出されたりというような具合です。

最初のうちは、子供に人気のキャラクターが登場するために、エルサゲートだとは気がつかずに、見ているうちに、突然ショッキングなシーンが登場するために、見ないように回避するというのが、とても難しいために問題となっています。

さらに悪意が拡大していく可能性も…

YouTubeには、自動再生機能もあるために、1度このような動画が再生されてしまうと、連続でエルサゲートが流れる可能性もあるために、さらに注意が必要です。

不適切な動画をフィルタリングする機能は存在しているのですが、冒頭に登場するのが子供向けのキャラクターということもあり、毎日膨大な数の動画がアップロードされるYouTubeが、現時点でエルサゲートを取り締まるのはかなり難しいのが現状なのだそうです。

そんな中にあって、心にダメージを与えるだけでなく、さらに直接的かつ、具体的に子供を危険にさらすエルサゲートの登場も懸念されていません。

つい先日、エルサゲートに関して「モモ」と呼ばれるキャラクターが話題となりました。こちらも、最初のうちは普通の子供向け動画なのですが、突然、恐ろしい顔のモモが登場し、自殺をうながしたり、コンセントにフォークをいれろ、大人に言ったら殺すぞ、などという脅迫をするというのです。

幸いなことに、こちらはフェイクニュースであり、今のところ「モモ」による被害は報告されていませんが、単に精神的な刺激を与えるだけでなく、実際に恐怖によって子供を支配コントロールしようと考える人間が出てきても不思議ではありません。

いつでも、手軽に無料で見ることができるのがYouTubeのメリットではありますが、このように悪意のある動画が増えてきているということを考えると、たとえフィルタリング機能をかけていたとしても、安心して、子供に動画を見せることができないといえるでしょう。

子供に動画を見せるためには必要なこと

今後は、このような危険が潜んでいるということも考えて、子供に動画を見せる場合は親がしっかりとチェックした上で、見せるようにした方がいいといえるでしょう。

どうしても、ある一定時間子供番組を見せたいのならば、NetflixやAmazonPrimeVideo、Huluなどといった有料配信を利用するか、無料ならば事前に番組表を確認できるAbemaTVを利用するというのもオススメです。

これらを利用すれば、少なくとも不特定多数によって作られた悪意のある動画による子供被害を防ぐことはできるはずです。

便利になっても、それを扱うのは人間である以上、悪意というのはなくなりません。悲しいことですが、それをしっかりと理解した上で対策することが大切になってくるといえるでしょう。

COCORiLA編集部

56,238 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。