節分に登場する様々な「鬼」

スピリチュアル

福を授ける鬼

今日、2月3日は節分。

節分には、季節の変わり目に生じる邪悪な存在を「鬼」として、「魔滅」に通じる「豆」で祓うことで、無病息災を祈るというような意味があります。

節分自体は平安時代から行われていましたが、豆まきはそれよりはもう少し後、室町時代ごろからはじまったのではないかと言われています。

そんな豆まきは現代まで続いており、今でも節分が近づくと、スーパーやコンビニには、豆とセットになった鬼のお面が販売されますが、実は追い払われる鬼だけでなく、逆に招かれたり、鬼を退治する鬼もいることをご存じでしょうか?

例えば、有名な京都の八坂神社で行われる節分には、「福鬼」という福をもたらす鬼が登場します。八坂の神様と同席することが許されていることからも、邪悪な存在ではないことがわかるでしょう。

この鬼たちは、お祭りの中で踊りを踊って地霊を鎮め、さらに福に溢れたお餅をまいてから、自分の住処へと帰って行きます。ちなみに、踊りをおどることで、八坂の神から力を与えられているために、帰りに、福鬼に撫でて貰うと厄除けになるとされており、鬼でありながら、豆まきの豆のような役割も兼ね備えているのです。

鬼を祓う鬼

さらに、鬼よりも怖い姿をした存在が、鬼を祓うということもあります。それが、豆が登場するまで鬼を祓う担当だった「方相氏」という存在です。

こちらは、4つ目の面をつけ、槍や弓をもって鬼を追い払います。武器をもった4つの目という異形なので、かなりインパクトがあるわけです。それだけに、時代がたつにつれて、方相氏自体が鬼の一族とされたこともあったようです。

そういったこともあり、今では豆が方相氏の役になってしまってはいますが、京都の平安神宮や、吉田神社、東京の増上寺などでは、今でも方相氏による「追儺=鬼を祓う儀式」が行われていますので、興味のある方は足を運んでみても面白いかもしれません。

鬼というと怖い物というイメージがあるかもしれませんが、エネルギー的な観点からすると、強い力の現れともいえますので、それを良い方に活用するか、それとも恐れるかの違いなのかもしれません。

COCORiLA編集部

102,077 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。