言葉は魔法

スピリチュアル

言葉が持つ力とは?

言葉は魔法です。

意識的・無意識関係なく、また、口に出さずしても、自分が繰り返し唱える言葉は、祝福にしろ呪(のろ)いにしろ強力な呪文となり、必ずその通りになります。

例えば、自分自身のことをつまらない人間だと思えばそうなりますし、満月の日に、雨の日に、悪いことが起こると思えばそうなります。
自分は素晴らしく運が良い人間だと思えばそうなります。

しかし、そこに明確な意図・・・浄化や守護、祝福などをもたせると、その場やその物質、もちろん自分も、そのとおりになります。

祝福となりうる食事があり、場(部屋)を結界とするお掃除もあります。
いつも身に着けているアクセサリーを護符にすることも、PCを喜びで満たすこともできます。
そういう意図をもって行えば、掃除も食事も洗濯も祝福に満ちた儀式にできます。

そう思えば、そうなります。
すべて、自分の思いのままです。

魔法の言葉を組みたてるときに気をつけること

ちょっとした具体例をあげますと、例えば「シミのないお肌になりたい!」というものはNGです。
「ない=ある」になるからです。

脳は否定語を理解できません。
例えば、「赤く”ない”ものを思い浮かべてください」と言われても、脳裏には「赤いもの」がひらめくはずです。つまり脳は「○○(では)ない」という表現を理解できずに「○○なもの」にずっとフラグを立て続けるということです。

これは、ウェブ検索と同じだというと分かりやすいでしょうか。
検索欄に「赤くないもの」と入れると、「赤」のキーワードに導き出されたものがずらりとでてくるはずです。ですから、自分の求めるものを検索するには、「赤くない」ものではなく「青いもの」「丸いもの」などという言葉を使うはずです。

ということは、シミのないお肌になりたい!と意図をするのではなく、自分がなりたいお肌、いわば到達点を意図したほうがいいでしょう。
例えば、均一な明るい色のお肌になる、などということになるでしょうか。

それから、言葉は、口から「音」として表現すると、それに強い力と素早さが加わります。
軽々しく願いを口に出すと、あっという間に叶ってしまいますから気を付けて。

何も考えずについうっかり気軽に「ワタシもうすぐ独立します」といったあと、びっくりするほどのスピードで本当に自営独立することになった私がいますので、これは本当のことです(笑)

さて、このすばらしい魔法を、みなさんだったらどう活用しますか?

佐倉ゆめか

6,851 views

小中学校で養護教員(保健室の先生)をした後カイロプラクティック師に転身、ゲストの体の美と健康に貢献。のちに、心身だけでなく魂との調和も大切にして自分らしく豊...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。