似合うと素敵の3要素

美容

「似合う」ってなにによって決まるの?

こんにちは。
骨格スタイリスト、優秀賞受賞カラーリストの優希宙輝です。

突然ですが、「似合う」って、なにによって決まると思いますか?

価格の高いもの?
ブランド?
流行?

それらの要素もありますが、押さえておきたいのはこちら、
色、形、素材の3つ。

色は視覚に最初に訴えるもの。

形はスタイルを左右します。

素材、あまり重要視しないかもしれませんが、
同じデザイン・色であっても素材によって雰囲気が大きく変わります。

◆似合う色→パーソナルカラー診断
◆似合う形・素材→骨格診断
で分析してもらうことができます。

分析すると、ざっくりタイプ分類でき、
私はパーソナルカラー:サマー、骨格タイプ:ウェーブになります。

似合う条件

ここ数年、いつも、白のトップスを買ってしまいがちでした。
というのも、
「しっくりくる色のブラウスとなかなか巡りあわない!!」ので
白ばっかりだったのですが、 探し続けた甲斐あって、
淡い紫色のブラウスとご縁がありました!

胸元タックと飾りがポイントですが、
さりげなくきらめきを放つ飾りは取り外し可能です

写真のブラウスを似合う3要素ごとにみると、
◆色:淡い藤色系 → パーソナルカラーサマータイプにぴったり
◆形:胸元タックでほどよい立体感あり → 骨格タイプウェーブにぴったり
◆素材:やわらか、薄手 → 骨格タイプウェーブにぴったり

ということで、「似合う」条件にあっていますが、
実際に買い物するとなると用途や価格も外せませんよね。

◆用途:それほど選ばない → 便利
◆価格:セールだった → 予算内

色、形、素材、用途、価格
すべてにおいてほぼ満点だったので即決で購入しました!

これぐらい淡いと主張しすぎないのでカーディガンなど重ねる時もコーディネートしやすいです♪

最近は骨格診断とパーソナルカラーを組みあわせた本など多く出版されていますが、
実際お買い物に行ってみるとなかなか巡りあえないこともしばしば。

あったとしても、用途やお値段の折り合いがつかなかったり・・・

なので、すべてにおいて満点に近いお品って奇跡的。

白のブラウスはコーディネートしやすいですが、同じ色ばかりだと、飽きてしまいます。

「私って、これしかないの?」
自分=白 → ひとつの側面しかない

そんな気持ちになって行き詰まりを感じていました。

似合う物を身につける大切さ

たかが服、されど服。
色は見ている人だけじゃなく、身に付けている本人にも影響します。

赤い下着をつけると温かくなったり、勝負の時にいいって言いますよね?
あれも、そのひとつ。

色は体温や性質を左右する力を持つもの。
だからこそ、どんな色に身に付けるか、思っている以上に重要です。

私の場合、似合う要素と好きなものが一致しているので、
似合うものを身に付けると、特にいい気分になります。

自分の持ち味を引き出してくれる素敵なお洋服を身に付けることは
やっぱり大事!と改めて実感しました。

似合う要素が今、「好き」と感じなくても、
素敵に見せてくれるお洋服を身に付けていると

◆顔色がよくみえたり、
◆小顔効果があったり、
◆シミやシワが目立たなくなったり、
◆目ヂカラが増したりなど見え方が変わるので
◆周囲から「なんかいい感じだね~」と反応があったりします。

20代のころはハリや艶があるので、似合わないものもそれなりに着こなせますが、
オトナの女性はお肌やその他の変化を受けとめ、「よりよく見せるもの」を選べるよう、
「似合う」基準をパーソナルカラー診断や骨格診断で知ることをお薦めします。

「似合う」色・形・素材が分かれば、流行のものやブランド品でなくても
あなたという素材を引き立てるのでより一層、「素敵」に見えますよ。

優希 宙輝

551 views

自分を慈しみ、大切にし、自分らしく生きるためのセッション、ワークショップを神戸にて行っています。 *内面に向き合って自分を知る ー 本当の気持ちに気づく *...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。