今度こそ宇宙人からのメッセージ?

ニュース

新たに検出された高速電波バースト

以前に紹介したことのある「高速電波バースト」について、新しい情報が入りました。高速電波バースト、いわゆるFRBは、今までに何度か観測されているものですが、昨年夏に電波望遠鏡を試運転した際に、新たなFRBが検出されました。

それが論文としてまとめられて、イギリスの科学雑誌『NATURE』に論文として発表されたのが、今年の1月9日となります。この研究論文によると、私たちの太陽系がある天の川銀河の外側、遙か宇宙の彼方から、謎の電波が検出されたというのです。

ちなみに、この電波を検出した電波望遠鏡は、現在世界で最も高性能とされているもので、なんと、その面積はサッカー場ほどある巨大なもの。現在では本格稼働に入っているということもあり、これから、より遠くからの電波を検出できるようになると期待されています。

今回の研究論文には50人の科学者が関わっているということですが、彼らによるとこの望遠鏡が稼働したことによって、今年の終わりまでにはさらに1000件のFRBが発見できる可能性があるとしています。

なぜ、このような現象が引き起こされるのかということは、明らかになっていません。その発生源についても、議論が続いているのですが、今回のFRBに関しては2012年に検出されたものと、非常に似通っているという特徴があります。

FRBの発生源は宇宙人ではない?

宇宙空間という広大な舞台において、6年というのは一瞬のことからもしれませんが、自然現象だとすると、それだけの間隔をあけて同じような電波が検出されるというのは、ちょっと不自然なように思えます。しかしながら、科学者は知的生命体による意図的なメッセージであるという説を否定しています。

太陽が発生するエネルギーの数億倍のエネルギーを、単なるメッセージに使うというのは、私たちからするとナンセンスでありえないように思えますが、一部の人が提唱しているように巨大宇宙船のエンジンの始動や、また、科学が高度に発展した星からのメッセージだとしたら、決してありえないことではないように思えます。

電波望遠鏡の精度があがったことで、これからより多くのFRBが検出されると思いますので、果たして、単なる自然現象なのか、それとも、そこに宇宙人からのメッセージが込められているのか? 今後も引き続き情報をチェックしていきたいと思います。

COCORiLA編集部

56,652 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。