お正月はお屠蘇を飲みませんか?

健康

お屠蘇の語源しってますか?

今年も残り少なくなってきました。明日で仕事納めという方も多いのではないでしょうか? COCORiLAの更新も明日までとなりますので、本日はお正月に飲む「お屠蘇」について紹介したいと思います。

「お屠蘇」とはなにか? 最近では知らない人も増えてきたかもしれませんが、こちらはお正月に飲む薬酒のことです。

屠蘇という言葉の語源には諸説あり、「蘇」という悪鬼を「屠」ものすなわち邪気を祓うという意味や、「屠」は1年の邪気を祓う意味で、「蘇」は病をさけという意味、他にも長寿を願う意味や、鬼気を「屠」絶し、人の魂を「蘇」生するなどといった意味合いもあるようです。他にも屠蘇を考案した仙人が、屠蘇庵という洞窟に住んでいたためというものもあります。

どれが本来の説だったのかはわかりませんが、ほとんどのものに邪気を払い、健康を得るという意味合いが存在しています。伝説だけでなく、物理的にもお屠蘇は健康に良いものです。

身体に良く浄化の力を持つお屠蘇

お屠蘇には、山椒や桂皮、桔梗根などといったものが含まれていますが、漢方的にみるとこれらの素材は身体を温めて風邪を予防し、胃腸を丈夫にしてくれるものです。つまり、新しい年がはじまるお正月に飲むことで、身体を壊さず、またお正月料理やお酒で疲れた胃腸を守ってくれるというわけです。

ちなみに、そんなお屠蘇にいれるための、屠蘇散を考えたのは三国志の時代に名医と呼ばれた華佗だといわれています。彼は気功にも通じていて、自らも気功の一種も開発したといわれる、とてもスピリチュアルな人物でした。

そんな華佗が開発した屠蘇散は、いってみれば東洋風ブレンドハーブといっていいかもしれません。屠蘇散の調合は場所によって少し違うのですが、前述したものを含めて、だいたい7~10数種類の薬草が調合されているそうです。

お正月に鬼をも祓う強力な浄化の力のある薬酒を飲んで、無病長寿を祈るという風習は、発明者の華佗がいる中国で始まった物ですが、日本には平安時代に伝わり、宮中の正月行事の一つとして行われるようになったとのことで、一般人がお屠蘇を飲み始めたのは江戸時代ぐらいからのようです。

ここで、お屠蘇の作り方も紹介しておきましょう。日本酒とみりんをブレンドしてつくるのが一般的です。日本酒とみりんを混ぜるときのポイントとして、粗悪な日本酒と醸造みりんを使ってしまうと、味も悪く、飲んだあとに気持ちが悪くなるような可能性もあるので、どちらも、できるだけ上質なものを使うのがポイントです。

日本酒とみりんを半々でブレンドしたものに、屠蘇散を浸して7~8時間ほど放置して、最後に屠蘇散を取り出せばお屠蘇の完成です。屠蘇散は薬局などで購入することができますので、お正月になるまえに、お近くの薬局などで手に入れて起きましょう。

浄化のための東洋風エッセンスともいえるお屠蘇を飲んで、2019年を邪気無く無病息災で過ごせるようにしてみませんか?

COCORiLA編集部

109,615 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。