自分の中のOSをバージョンアップさせる

スピリチュアル

なぜ、木星はラッキースターなの?

太陽系最大のラッキースター木星が蠍座から射手座に移動してひと月あまり、いよいよ年末も押し迫ってきましたが、みなさまはいかがお過ごしですか?

木星が滞在中の星座のひとはとてもラッキーな一年を過ごせるとの話よくを聞くものの、具体的に何がどうラッキーなんだろう?と思っていましたら、さる方が、木星が滞在している星座は「幸運期」というより「耕耘機」によって自己を開拓する時期であり、この間にチャレンジしたことや動いたことがきっかけとなってその後が拓かれる、というようなことをおっしゃっていて、心から納得しましたっけ。

そんなわけで今回は、その話題に触発されて思い出したことをシェアいたしますね。

遠距離通勤の秘密

私は、今でこそ自営業をしていますが、そうなるまではいくつかのお仕事を経験しました。
雇用されている間はほぼ毎日ギュウギュウ詰めの満員電車にのって通勤していましたから、出勤するだけで疲れてしまうこともありました。

ときどき、なぜ自分は出勤するだけで体力を使い切るようなことをしているのだろうと思うこともありましたが、それも、日々の雑事に追われているうちにいつの間にか紛れてしまうことが常でした。
が、ある日突然、そのナゾが・・・自分がなぜ、毎日自宅から遠い場所にしんどい思いをしながらも通勤しているのか、それが解けたのです。

それは私が、ずっとずっと幼い頃のこと。
当時の父はまだ車を持っておらず、毎日私鉄で通勤していました。彼が帰宅して服を着替えるとき、ときどき上着の内ポケットから定期券を取り出して母に手渡しているところを覚えています。

どんな子供にも言えるでしょうけれど、全世界のオトナ(しかも世界で一番素晴らしい、笑)を代表するものは両親であり、特に父のことが大好きだった私にとって彼の言動は常に注目の的でした。
そんな彼が毎日使っている定期券ですから、自分も早く使えるようになりたいと思うまでにそう時間はかからなかったはずです。
自作した定期券でオトナ・シミュレーションをしていたことも思い出しました。

幼い頃の願望が成就していた

そう、つまり私は、自分が幼い頃に強く願ったからこそ、未だずっと定期券を使っていることに・・・無意識に強力な願望成就の手段(願いを決めて、熱心にシミュレーションやビジュアライゼーションをしたあと、ひとまずその件を忘れて他のことに集中する)を使い、知らず願望を達成、以後継続中であることに、やっと気がついたのです。

そんなことを願ったことさえ忘れても、小さな私にとっての「素敵なオトナな行為」をずっと繰り返していたのだと理解した時、あまりにおかしくて愛しくて、笑ってしまいました。
そして、定期券を使う生活はもうやめようと決心しました。

それからほどなくして私は独立し、望み通り、もう二度と定期券を使うことがなくなりました。

新しいOSにしよう

さて、こちらでもご案内した通り、ある時期までに疑いもなく取り込んだ思想、強く印象に残ったことは、それを現在も望んでいるか否か、好きか嫌いか、また、ことの善悪も全く関係なく、それが改訂されるまでずーっと採用し続けます。

今回の例でいうと「定期券が使える素晴らしいオトナ」というものがそれにあたりますが、願った当時にはそれでよかったものでも、今現在ではたいそう古い、または役に立たない、そればかりか枷になっていることも珍しくありません。

これは、ずっと古いOSのままのスマホやPCを利用しているようなもので、それではいずれインターネットにつなぐことすらできなくなってしまいます。

今年は22日が冬至ですね。

今後をよりよく快適に過ごすためにも、そろそろ、自分の中のOS(枠、制限、思い込み)のバージョンを調べ、そのまま継続するかグレードアップするのか全く違うものに書き換えるのかなどを決める・・・自分と対峙してこれからの一年をどのように耕耘していくのかを考えるよい機会かもしれません。

佐倉ゆめか

4,046 views

小中学校で養護教員(保健室の先生)をした後カイロプラクティック師に転身、ゲストの体の美と健康に貢献。のちに、心身だけでなく魂との調和も大切にして自分らしく豊...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。