女性によって作られる女性のための保湿剤

美容

神聖な木から採れる天然の保湿剤

今の季節、気をつけなければいけないのは「保湿」。女性にとっては日常的に気をつけているであろうポイントですが、肌の弱い子供もこの時期は注意が必要です。そこで、女性にも子供にも安心して使える、天然素材でありながらも高い保湿力を持つものを紹介しましょう。

その天然の保湿剤とは「シアバター」。こちらは、シアの木という植物の木の実から取れる植物性油脂のこと。油ではあるのですが、常温では固形になっており、油としての融点が高いために、オイルではなく「バター」という名称となっています。

シアの木は西アフリカ諸国が原産であり、過酷な環境にありながらも高さ15m以上にも成長し、樹齢も200年以上に達するという、とても生命力に溢れた植物です。それだけに、地元では神聖な木として信仰されたりもしているのです。

ちなみに、シアの木に触れられるのは女性だけなのだそうです。シアバターの原料となるシアの実を拾い集めるのすら女性だけにしか許されないということからも、この木がどれほど神聖視されているかがわかると思います。

様々な面から女性を助けるシアバター

女性によって収穫されたシアの実から生まれたシアバターは、古くからさまざまな形で使われていました。火傷の治療や筋肉痛、リウマチに対処するための薬的な使い方をはじめとして、髪の健康を保ったり、新生児の敏感な肌を紫外線や乾燥から守るためにも使われているのだそうです。

シアバターの持つ大きな特徴として、冒頭でも紹介したように「高い保湿力」があります。さらに、ちょうど人の体温でクリーム状になることから、身体のどこにでもつけやすいだけでなく、新生児にも使用可能なことからもわかるように、天然成分100%で肌に優しいことはもちろん、オレイン酸やトコフェロールといった肌に優しい成分も含まれています。

当初は西アフリカ諸国で消費されていたシアバターですが、その効能が周知されるにしたがって、現地で重要な輸出品目として確立してきています。国の経済だけでなく、女性だけが扱えるという性質をもっていることから、アフリカの女性の経済的自立にも寄与しているのだそうです。

ちなみに、シアバターを西側諸国に広めたことで知られている「ロクシタン」によると、1980年にシアバターの生産に関わっていた女性はわずか12人だったものが、それから30年後には15,000人にまで増えたということです。まさに、女性にとって重要な保湿を、女性によって収穫されたシアバターが提供してくれているということになります。

エッセンシャルオイルと一緒に使う

また、シアバターはキャリアオイルとしても使用することが可能です。だいたい、シアバター30gにたいして、エッセンシャルオイル6滴程度をいれることで、保湿性に優れた良い香りのオリジナルクリームを作ることができますので、アロマに詳しい方は実践してみても面白いかもしれません。

まさに女性のための保湿剤といえるシアバター。まだ、使ったことがないという方は、今年の冬はシアバターでお肌を守ってみてはいかがでしょう? お気に入りのアロマを付け加えることで、心やエネルギーも癒やすことも可能となるのでオススメですよ。

COCORiLA編集部

84,138 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »