• HOME
  • ブログ
  • 癒やし
  • エンジェル・セラピスト®水本潤治 「周りの人たちと自分を分かち合うことの効用」

エンジェル・セラピスト®水本潤治 「周りの人たちと自分を分かち合うことの効用」

癒やし

人は幼少期にすでに人生への姿勢を決めてしまう

娘の通う幼児園で子どもたちと触れ合う機会があります。

上手にトレーナーに手を通せなくて泣き出してしまう子、帰りのバスに乗り遅れそうになってテンパる子や思考停止してしまう子、カバンに荷物が入らなくて怒りだしてしまう子、年下の子の面倒をみる子、自分が書いた絵を自慢する子…などなど、その子の正直なふるまいを見せてくれます。

その子から観た世界が、こちらにも伝わってきます。
怖れに満ちたものか、愛情に溢れる世界か、不安たっぷりか、喜びいっぱいか…。

僕たち大人も、いつも何かに急かされて、行き詰まってゆとりのないように生きることもできるし、「結局、なんだかんだ言っても幸せになっちゃうんでしょ?」と言ったように、何か大きな力に守られていると信頼しながら生きることもできます。

その違いは何なんでしょうか?

その「人生への姿勢」「人生脚本」「ドラマ」「トラウマ」のようなものは、幼少期に創られることが多いと心理学において言われます。

それを変えることは可能でしょうか?

それは、「自分を分かち合うこと」だと多くのAQUAMIXTでの個人レッスン、スピリチュアルカウンセリング・コーチングなどを共有して思います。

僕たち大人は、何か期待される「役割」を演じ、自分ではない誰かのキャラクターを纏ったりするうちに、「自分を分かち合うこと」が難しくなっていくように思います。

では、なぜ「自分を分かち合うこと」がその人の持つ「人生への姿勢」「人生脚本」「ドラマ」「トラウマ」を変えることにつながるのでしょうか?

自分を分かち合うことは、自分の認知を変えるきっかけ

自分を分かち合うことは、心理学で言うところの「認知行動療法」でもあると僕自身は思います。

その「分かち合うこと」が、「自分の好きなこと」と言った比較的、共有しやすいものもあれば、「恥ずかしいこと」「不安」「怖いこと」などのできれば、隠しておきたいものもあります。

あまりに好きすぎることも、共有することが難しいこともありますね。それを否定されたら立ち直れない…という感じです。

人生の目的(ライフパーパス )を生きようとすると、「自分を分かち合う機会」に出合います。

それが未知の世界に見えて、臆することもあるでしょうか。
ひとりではなかなか進めない領域かもしれません。

だからこそ、レッスンや講座などが必要になることもあるのでしょう。

では、「自分を分かち合うこと」がなぜ、自分の人生を変えることになるか、ですね。

それは、自分が創り出していたであろう「観念」「信念」「思い込み」「制限」「自己評価」が変わっていくからです。

自分を分かち合うことで、周りの人からの評価をもらうことになります。

自分では、認められなかった自分の資質や思考、感情や感覚を認めてくれる、褒めてくれる、必要としてくれる、楽しんでくれる、そのような人が周りに少なからずいることが分かります。

僕であれば、ネガティブな考え方や世の中への怨念、両親への怒り、劣等感を多くの人との分かち合いで、その自分勝手な「思い込み」がまるで氷が溶けてしまうように癒されていきました。

自分のことを自分で「所有」せずに、周りの人たちと分かち合う効果を実感せずにはいられません。

ちっちゃな自分の、勝手な思い込みで、人生を制限し続けるなんて、とてももったいないことかもしれません。

自分を分かち合うことの効用、あなたは感じることがありますか?

AQUA MIXT 水本潤治

627 views

AQUA MIXT スピリチュアルカウンセラー・整体師・菜食料理研究家・スピリチュアルエッセイスト。 ”水のようにあなたの本質を潤して治す” 直感的・心理学...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。