タンスの肥やし② 痩せたら・・・っていつ?

幸運

痩せたらまた着られるかも?

こんにちは。
骨格スタイルアドバイザー、優秀賞受賞パーソナルカラーアドバイザーの
優希宙輝です。

前回に続き、クローゼットの整理についてのお話です。

タンスの肥やしになっている原因、
なんとなくつかめましたか?

原因はひとそれぞれ異なりますので、
なぜ、いっぱい服を持っているにもかかわらず、
実際は着れるものが少ないのか
この記事を読むだけでなく、ご自身で実践する必要があります。

前回詳しく書きましたが、
持っているのに着ない理由を大きく分類すると、

*サイズの変化
*流行の変化
*自分に合っているのかわからない
*着こなしがわからない
*価格が高かった・ブランド品
*整理整頓しない
*ものを手放すことが難しい

に大きく分かれると思います。

サイズは痩せる努力すればまた着られるかも?

果たしてそうでしょうか?
流行のデザインじゃないから大丈夫!と思っても、
年々、ベーシックなものでも服は微妙に変わっています。

そして、痩せたとしても筋肉のつき方などは数年前と違っています。
本当に痩せたら、着られるのでしょうか?

また、今現在、痩せる努力をしているでしょうか?

「はい、あと少しで着られそうです!」

という方でない場合、いつまでにどれくらい痩せるのか、
はっきり決めること。

モチベーションを上げるためにタンスの肥やしを使う

希望的な「痩せる予定」では、いつか痩せたとしても
その頃にはもう、デザインが時代に合わなくなっている可能性が高いです。

 

「あの服を素敵に着こなすために痩せる!!」
と、モチベーションをあげるために
タンスの肥やしを使うことができるのなら、やってみましょう。

例え、その時の流行に合わなくなっていたとしても
「過去の素敵だった」体形を取り戻したのですから、
やった甲斐があります。

もしできそうになかったら、着れないものに固執するのはやめましょう。

今の自分を活かせる服に目を向けた方が
気持ちもすっきりするはずです。

優希 宙輝

335 views

自分を慈しみ、大切にし、自分らしく生きるためのセッション、ワークショップを神戸にて行っています。 *内面に向き合って自分を知る ー 本当の気持ちに気づく *...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。