神の意志を顕す道具

幸運

5000年以上前から存在していた神託を得るための道具とは?

5000年以上前から存在していたスピリチュアルな道具があるのをご存じでしょうか? それは神の意志を顕すものとして使われていたといわれています。ちなみに、現在でもその道具は存在しており、多くの人が一度は手に取ったことがあります。

その道具とは「サイコロ」。現在ではボードゲームやギャンブルなどで利用されているサイコロですが、元々は神託を告げるものだったのです。

サイコロというと四角い正6面体のものがイメージされがちですが、最初の頃は貝や木の実などを投げて、それが裏か表かを見るという使い方をするものだったといわれています。この裏か表かで神託を得るという方法は現在でもおこなわれています。

台湾などで信仰されている道教では、神様におうかがいをたてるために「ポエ」という三日月形の赤い木片を使います。これは二つ一組となっており、表と裏がそれぞれでた場合は神様からの許可が出たとするのだそうです。これは道教の寺院などで採用されていて、おみくじを引く前などにもポエを使って許可を得る必要があります。

一方、現在のような1から6までの目がかかれたサイコロが登場したのは紀元前800年頃で、日本にサイコロが伝来したのは奈良時代頃と言われています。その時点では、正6面体のものと、棒状のもの両方が存在していたようです。

さきほどの道教の例ではありませんが、サイコロの目を神の意志と捉えるという思想は、世界各地に共通しており、日本では平安時代に祈願のためにサイコロを振ったという故事が残っています。

見事な語呂合わせ

神託を得るために使われていたサイコロですが、日本では呪術的なアイテムとしても使われていました。その例としては、航海の安全を願うために船に宿ってもらう「船霊」というものがあります。これは、船にご神体を祀り、それによって海上で災厄を除けてもらうというもので、ご神体として人形や銅銭、そしてサイコロも使われたのです。

なぜサイコロを祀るのかというと、サイコロを2組セットで祀ることで縁起のいい語呂合わせができるためでした。具体的にいうと、サイコロの正面に3が来るようにして、2がそれぞれ合わさるようにすると、次のような語呂合わせができるのです。

「天一、地六、表三あわせ、艫四あわせ、櫓櫂五と五と、中に二がどっさり」

冒頭の天一、地六というのはサイコロでは決まり文句のようなものであり、一天地六でサイコロを表したりもしています。次の表三あわせですが、これは「三=み」と読み、見合わせとなります。つまり、船の進行方向がよく見えるということなのでしょう。艫(とも)四あわせは「四=し」で艫が幸せ、つまり船の後ろにも問題なしということ。櫓櫂ごとごとは、そのまま擬音で航海がうまく進んでいるということ、最後に中に二がどっさりというのは、あわさった二を荷物の「荷」とかけて、荷物を一杯積んで戻ってこれるという意味となります。

最初に考えたのは誰かわかりませんが、航海の無事と豊漁を祈願し、なおかつサイコロの全ての数字を取り入れた見事な語呂合わせになっています。

結界にも使われていたサイコロ

さらにサイコロは道切りでも使われています。道切りとは村に悪いモノが入ってこれなくするための方法です。村の境に注連縄をはって、そこに色々な物を吊すのですが、その中でサイコロが使われます。

サイコロを吊す理由ははっきりしておらず、一説によると「ここは賭博に明け暮れている村だから、入ってもいいことはない」というシンボルなのだそうですが、筆者としてはサイコロを漢字で書くと「賽」となり、この字が道祖神も表すことから同一視して吊しているのではないかと思っています。

最近ではテレビゲームや携帯ゲームなどのせいで、サイコロに触れる機会などは少なくなってきていると思いますが、なにかに機会にサイコロを手に取ったのならば、ゲームやギャンブルだけでなく、神託を得るために使ってみるのはいかがでしょう?

COCORiLA編集部

30,519 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。