意外と知られていない一粒万倍日の注意点

幸運

一粒万倍日の注意点

本日は「一粒万倍日」。最近では、宝くじ売り場などでも、一粒万倍日をPRしているところが増えてきたこともあり、1度聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?

文字通り、一粒の豆が万倍に増えるということから、この日に始めた行動は小さなものであっても、後々に大きく膨れ上がって返ってくる吉日であるとされています。そのために、金運アップの日とされて、前述したように宝くじなどとも結びつけられているわけです。

吉日というイメージが強い一粒万倍日ですが、注意しなければいけないのは、一粒万倍日とはその日に行ったことが、基本的に大きくなって返ってくる日である点です。この日に良いことを行ったならば、それが先々より良くなって返ってくるわけですが、悪いことをすると、先々もっと悪くなって返ってきてしまうのです。

例えば、金運が良い日だからといって、調子に乗って無駄な買い物をしてしまうと、それは、先々、より大きな浪費となって返ってきてしまいます。借金をはじめとした契約ごとに関しても、良くないことになるケースが多いのです。

また、可能ならば入院や治療などといったものも、本日はじめるのはやめておいた方が良いかもしれません。治療効果が増幅するという考え方もありますが、場合によっては病気の力が増幅する可能性もあるからです。

一粒万倍日に行うべきこと

このように考えると、当選確率の低い宝くじを引くのは浪費じゃないか? という疑問もでてきます。本来の意味合いを考えるならば、本日行うべきことは、運任せにする物事よりも、自分をより良くすることや、将来に向けて役に立つことといえるでしょう。

ですので、本日は浪費や借りを作ったりすることは避けて、新しい目標に向かって行動をスタートさせたりすることをオススメします。また、お金でも他者に出資するなどといった方向ならば、その会社や事業を大きくするという意味でありでしょう。もちろん、古来からの由来である種まきなどもOKです。

ちなみに、一粒万倍日は週に1度ぐらいは巡ってくるものですので、本当にその力を充分に引き出したいと思うならば、その日の暦をもっと詳しくチェックするという考え方もあります。例えば、本日は一粒万倍日ではあるのですが、暦によると種まきや結婚式などは凶とされていますので、一粒万倍日に種まきや結婚式を行いたいならば、他の日にするほうが無難です。

暦や吉日というのは、古来から伝わっている叡智ですので、それを参考にするというのは悪いことではありませんが、本格的にこだわり始めると、それによって自分を縛ってしまうことにもなりかねませんので、自分が受け入れられる範囲で、ある程度のルールを決めて活用することが、最終的な開運へと繋がるということを忘れないようにしたいものです。

COCORiLA編集部

37,732 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。