日本のハロウィンをご存じですか?

幸運

日本にもハロウィンっぽい行事が存在していた

最近では、日本でもハロウィンが一般的になってきました。9月中からすでに、街中はハロウィンムードが漂っていますが、実は日本のハロウィンといえる行事が存在することをご存じでしょうか?

9月下旬には「中秋の名月」が訪れます。「十五夜」などとも呼ばれるもので、お月見を行う日として知られています。旧暦の8月15日に行われる行事ですが、お団子などを供えて、月を見るもの、というイメージが一般的かと思います。

そんなお月見の日に、日本のいくつかの地域では「お月見どろぼう」という風習が行われます。これは、お月見の日だけは、人の畑に植わっている芋を取って良い、というものがはじまりとなったものだといわれています。お月見というと、現在ではお団子が一般的ですが、かつてはは豊作に感謝すると共に、月に形が似ている芋をお供えすることも多かったのです。

盗まれると縁起がいい? お月見どろぼう

そんな芋を自由に盗むことができたわけですが、それが時代と共に変化してきて、子供たちが家々をまわって、お月見のお供えを盗むというような行事に変わっていきました。これは、芋畑が近くにあった農村部だけでなく、都市部にもこの風習が伝達した結果なのかもしれませんが、子供たちは月からの使者であり、首尾良くお供えを盗られたならば、翌年はいいことがあるという縁起担ぎも生まれました。

その結果、お供えする方も、子供たちがお団子を盗みやすいように縁側の盗りやすい位置に配置するなどして、なるべく自分の家のお供えを盗んで貰えるようにしたわけです。

最近ではさすがに、何も言わずに盗むというのはまずいということもあり、「お月見くださ~い」「お月見どろぼうで~す」といったかけ声をかけながら、子供たちが家々をまわって、お菓子やお団子を貰うようになっているようです。

これは、まさに「トリックオアトリート」といって、家々をまわるハロウィンの行事にそっくりだとは思いませんか?

日本のハロウィンとして広まって欲しいお月見どろぼう

西洋の行事であるハロウィンを楽しむのもいいと思いますが、このように日本古来から伝わる、豊作に感謝し、子供を月からの幸せをもたらす使者だと感じる日本独自の感性をもった「お月見泥棒」も、もっと全国的に広がって欲しいものです。

ちなみに、今年の中秋の名月は9月24日の月曜日ですので、もしも、お月見どろぼうが来たら、快くお供えを分けてあげて下さい。きっといいことが訪れるはずですよ。

COCORiLA編集部

37,731 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。