• HOME
  • ブログ
  • 健康
  • 暑さに負けずに質の良い睡眠を取るためには? クーラーの適切な使い方をチェック!

暑さに負けずに質の良い睡眠を取るためには? クーラーの適切な使い方をチェック!

健康

9月中旬まで残暑は厳しそう

一度、秋のような気候になったかと思えば、残暑がやってきました。しばらく、このような暑さは続くと予想されており、9月中旬ぐらいまでは、暑さから逃れることはできないようです。

そんな中で体力を回復させ、疲労をとってくれるはずの睡眠が、暑さのせいで充分にとれないという方も多いと思います。特に、エアコンの人工的な涼しさが苦手という方にとっては、今年の猛暑はかなり厳しいものとなっていることでしょう。

エアコンがなければ、この暑さを乗り切るのは難しい反面、エアコンをつけっぱなしで寝ると、翌朝だるくなってしまう、体から疲れが抜けない、という方も多いと思います。特に女性は、このような状況になりがちです。

かといって、エアコンをつけないと、夜であっても最悪の場合熱中症にもなりかねない気温ですので、その使い方をしっかりと理解しておくことが必要となります。

質の良い睡眠を獲得するための、エアコンの使い方については、様々な研究が行われています。体が冷えすぎないように、タイマーである程度の時間がたってからエアコンが止まるように設定したほうがいいというものもあれば、エアコンは止めずにつけっぱなしのほうがいいというもの、また、温度設定についても色々な説が存在しています。

湿度に気をつける

それらを総合して考えてみると、ポイントがいくつか見えてきます。まずひとつめは、温度だけでなく湿度にも気をつけるというもの。

湿度が高いと、温度が低くても不快感が強くなります。基本的に人は寝るときには体が温まり、汗をかきやすくなるわけですが、湿度が高いと汗が乾かずに、気化熱で温度が下がらず暑く不快な状況になってしまうのです。

そのためには、湿度を50%以下にしておくことが必要です。気温はエアコンで設定できますが、湿度はなかなか設定できないので、寝室に湿度計もおいておいて、寝る前にエアコンのドライで湿度を下げておくなどするといいでしょう。こうすることで、エアコンの温度をさげずに快適な環境を作ることができます。

体を冷やしすぎないようにする

次のポイントは、体を冷やしすぎないようにするということ。エアコンをつけっぱなしで寝ると体調が悪くなるという方は、体が冷えすぎているケースが多いために、湿度を低くして、エアコンの設定温度は28度前後にすることがオススメです。

また、直接体に風があたらないように、風向きを自動にせずに、自分や家族に直接あたらないような位置に固定しておくこともオススメです。どの角度にしても、風にあたってしまうという場合は、エアコンに後付できる、風が直接あたらないようにする器具などを導入してみるといいかもしれません。このあたりに気をつけるだけで、かなり睡眠の質を高めることができると思います。

ノンレム睡眠を活用する

最後に気をつけるポイントは、ノンレム睡眠を活用するというもの。どうしてもエアコンを一晩中つけておくのが嫌という方は、前もって、部屋を湿度、温度ともに快適なものにした上で、3時間タイマーを設定するといいでしょう。

睡眠の質を高めるためには、ノンレム睡眠が大切となります。その中でも、最も重要なものは一番最初に寝入ってからの90分間だといわれています。前もって部屋の温度と湿度を快適にしておくことで、質の良いノンレム睡眠をとる時間を確保し、なおかつ、3時間タイマーにすることで、もう一度ノンレム睡眠の時間を確保することが可能となるわけです。

こうしておけば、エアコンが切れてから徐々に室温があがって、少し早く目が覚めてしまったとしても、充分なノンレム睡眠をとっているために、翌日のパフォーマンスを低下させずにすみます。

あと1ヶ月近くは残暑が続く見込みとなっていますので、体調を崩さないように、今回紹介したポイントを元に、自分にぴったりとあった睡眠の取り方を見つけてみてくださいね。

COCORiLA編集部

33,925 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。