エンティティな存在たちとの付き合いについて(前編)

スピリチュアル

エンティティってなに?

「エンティティ」とは、神々や天使、妖精や龍、麒麟、ユニコーンなどと呼ばれ、ここ地球のアストラル界(肉体をとりまくエネルギーフィールド層の「アストラル体」とは別物です)に存在しています。アストラル界には上層、中層、下層とエネルギーのグラデーションがあり、神々や天使たちは比較的上層に存在するとされています。

そして私たちの本質、本体である「たましい」は、その彼らが存在するアストラル界よりさらに「上層」に位置しています。

つまり、地球にいるエンティティたちは、神々と呼ばれるものも含めて、私たちが崇(あが)めたり畏(おそ)れるような存在ではありません。私たちは、(自らそう許可しない限り)彼らからの影響は受けないのです。

さて、私たちはこの「地球」というテーマパークに遊びに来ているたましい(来訪者)です。
この地球は全宇宙でも珍しい「二極」を体験できる所で、全くの初心者から何回も来訪しているヘビーユーザーまで、さまざまなたましいがそれぞれの体験を楽しんでいます。

ところで、このテーマパークでは親切な現地ガイドのフォローがついたオプショナルツアーも用意されています。ツアーの参加は自由ですが、参加すればここでの滞在中、何かとお得なサポートを受けることができます。

この、現地ガイドがエンティティです。

エンティティのコントロール下におかれる

神や神の御使い、妖精などと呼ばれ、ときに崇められたりもしますが、ツアー客より格上であるとか偉大であるということは一切ありません。彼らはただ、このテーマパークの隅から隅まで知り抜いているので、ここに関する有益なアドバイスができたり、ときにリクエストに応じた手助けもできるというだけです。
もちろん、だからといって無礼にふるまってよいというわけではありませんが。

ほとんどのエンティティたちは基本的に善良で世話好きの、ちょっとおせっかいなおじさんおばさんのような存在です。よほどのことがない限り、いわゆる「悪さ」を働くことはしません。

しかし、ごくごく稀にですが、エンティティへの対応を誤ったり、彼らに対して全くの無防備でいると、中層、下層のエンティティたちからとり憑かれる・・・エンティティコントロール下に置かれることがあります。
ちなみに、上層のエンティティたちはいい意味で私たちの生活に興味関心をもちません。

さて、ではエンティティコントロール下に入った方にどんなことが起こっているのかと言いますと(残念ながら、ご本人はほぼ無自覚なことが多いです)。

・ある時から唐突に、感情のアップダウンが激しくなる、コントロールが効かなくなる(感情をもてあそばれる)
・同、嗜好品が変わったり、特定の嗜好品を過剰摂取してしまう(甘いもの、アルコール、タバコなど)
・同、自分が誰よりも強大で偉大な存在になり、何でもできる気になる。
・同、逆に自分ほど卑小で無能なものはいないと思ってしまう。
・同、ある種の占いやヒーリング、また、それらのグッズに夢中になる(ないと不安)

などがあります。

その弊害はいろいろありますが、代表的なものは、自分で決めてきたブループリントを生きることが大変難しくなることでしょう。エンティティコントロール下に置かれると、彼らが好むもの、用意したものにすりかわることがあるのです。
一般的に言えば成功している部類の人生を送っているのに、自分がなぜ、何のために生きているかもわからなくなったり、誰に対しても何に対しても満足、信頼ができなくなることもあります。
また、ひとさまに対しても同様な影響を与え、彼らがそれぞれ決めてきた指針を混乱させることもあります。

次回は、エンティティコントロール下に置かれないために日ごろから気をつけることや、万が一、そうなってしまったときの対処法をご紹介しますね。

佐倉ゆめか

1,883 views

小中学校で養護教員(保健室の先生)をした後カイロプラクティック師に転身、ゲストの体の美と健康に貢献。のちに、心身だけでなく魂との調和も大切にして自分らしく豊...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。