いよいよ近づいてきた火星大接近で受け取るべきエネルギーとは?

幸運

火星の姿をハッキリ見るために必要なものとは?

明日、7月31日は15年ぶりの火星大接近となります。肉眼でも火星の由来となった赤い光を視認することができるために、街中でも比較的発見しやすいそうです。残念ながら、地球に最も近づくのは明日の16時50分ごろなので、そのタイミングでは視認が難しいのですが、エネルギーはしっかりと感じることができるでしょう。

今回は15年ぶりの接近ということで、赤い光を放っている姿を見るだけではなく、実際に、よりハッキリとした姿を確認するためにはどうしたらいいのかというようなセミナーも各所で開催されているようです。大接近するとはいえ、肉眼で見える火星のサイズは、月の約77分の1ですので、その姿をハッキリと捉えるのは、肉眼では難しいのです。

つまり、望遠鏡などが必要となってくるわけですが、その場合はどれぐらいの性能が必要になるのでしょう? 最低でも100倍は必要だといわれています。これぐらいの倍率でしたら、比較的安価に購入できますので、火星の姿をハッキリと見たいという方は、望遠鏡を手に入れておくといいかもしれません。

火星のエネルギーを受け取って「一歩」踏み出そう!

そんな火星ですが、エネルギー的に見ると赤い光を放つことから、古来から闘争の星として考えられてきました。そのために、あまりいい印象がないかもしれませんが、実際に、これまでのコラムでは、ちょっと不吉な言い伝えなどばかり紹介してしまいましたが、そのエネルギーを受け取ることで、強い行動力を得ることができるというメリットも存在しています。

奇しくも明日は、7月最後の日。今年も半分以上が経過したということになりますので、2018年の残りをより良くするために、自分自身の中で改めて目標を定めるということをオススメします。

目標は心に決めただけでは達成することはできません。それを達成するために必要となるのは「行動力」。一歩進み出すことが最も重要なのですが、わかっていても、その一歩が難しい、というのが事実です。そんな一歩を踏み出すための力を火星は与えてくれます。

明日は、夜空に輝く赤い星を眺めて、そんな力をしっかりと受け取ってみませんか? 暑さにも負けずに、活動し、そして今年をより良くすることができるはずです。

COCORiLA編集部

37,732 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。