15年ぶりの火星大接近がもたらすもの

その他

7月31日、火星が地球に大接近します。

7月31日に火星が地球に最も近づく大接近がおこります。このときは地球と火星の距離が5759万キロメートルまで近づき、見かけの大きさは通常の7倍にもなるというのです。

さらに火星の明るさもマイナス2.8等級ということで、かなり明るくなっており、肉眼でもハッキリと火星を観察することが可能となっています。望遠鏡をつかえば、火星の表面にある模様までも見えるということですので、どれほど近くまで接近しているのかがわかると思います。

火星が地球の6000万キロメートル以内まで近づくのは、2003年以来ということで、天文学的には貴重なタイミングといえます。大接近となる7月31日には、19時前に東の空にのぼり、夜明けまでほぼ一晩中赤く輝く火星が見えることでしょう。

3つの惑星が接近することによるエネルギー的変化

今年は火星だけでなく、土星と木星も地球に近づいていることから、肉眼だとわかりにくいものの、7月31日の21時頃には、火星と土星と木星が夜空に並んでいるという状況を見ることができます。

このような状況はほぼ1世紀ぶりということで、以前紹介しました。エネルギー的にどのようなことになるのかをこの時点で予測して、夏頃に災害が起こる可能性を示唆しておりましたが、実際に地震と大雨という自然災害が発生してしまいました。

ちなみに2003年は火星の大接近とともに、イラク戦争が開戦し、SARSが世界的に大流行するという、戦争や闘争を象徴する火星のエネルギーが地球にも影響を及ぼしたといっても過言ではない状況となっていました。

7月31日に3つの惑星が並ぶことで、これ以上の大きなエネルギー的な変動が起きず、珍しい天体ショーとして、その美しい輝きを見ることができることを心から願っています。その一方で、日本は自然災害が多い国ですので、万が一のことがあっても対処できるように、災害対策をしておきたいと思います。

COCORiLA編集部

26,102 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。