明日は夏越しの大祓、しっかりと穢れを落としましょう

癒やし

夏越しの大祓の茅の輪。その、由来を知っていますか?

明日、6月30日は「夏越しの大祓」。大祓というのは、文字通り穢れを祓い浄める儀式ですが、古来から1年に2回行われてきました。その1回目が6月30日の夏越、2回目は12月31日の年越となります。

年越しの大祓は、除夜の鐘で煩悩を祓うというほうがポピュラーになってしまっているだけでなく、初詣などのイベントもあるために、あまり穢れを祓うというイメージがないかもしれませんが、夏越しの大祓は全国各地の神社に「茅輪」が飾られることもあり、特別感があるものといえるでしょう。

この時期に神社の前に設置される大きな茅の輪。こちらは文字通り、「茅」という植物を束ねたものです。茅の輪をくぐることで、病気や災いから逃れられるといわれているのです。しかしながら、そもそもは身につけるものだったということは意外と知られていません。

現在の大きな茅の輪がインパクトがあり、くぐって穢れを落とすというのが非常にわかりやすいために、「茅の輪=くぐるもの」というイメージがありますが、そもそもは、腰のつけるものでした。

残り半分の2018年をより良く過ごすためにも、しっかりと穢れを祓いましょう。

茅の輪の由来には「武塔神」という神様が関係しています。こちらは、あまり聞いたことがない神様かもしれませんが、全国各地に存在している八坂神社の御祭神である午頭天王と同一だとされています。

この神様が旅をしていたときに、ある町で家に泊めて貰おうとしたところ、大きな家では断られ、貧しい家に泊めて貰うことになりました。その家にとめてもらったお礼として、翌朝、疫病が流行した時には、茅の輪を腰につけておきなさいというアドバイスを残したのです。実際に疫病が流行ったときに、その通りにしたところ、そこの家だけが病気になることはありませんでした。

これがもとになって、茅の輪を身につけていると病気や災いを避けられるということになったわけです。京都の八坂神社が7月に大きなお祭りをすることからもわかるように、かつて、暑い時期には多くの人が病気などで命を失っていたのでしょう。そこで、1年の半分という節目であり、なおかつ暑い時期に穢れを祓って、健康を願ったというわけです。

奇しくも明日は土曜日。お休みの方も多いと思いますので、茅の輪をくぐるだけでなく、しっかりと神社を参拝して穢れを落としてください。神社によっては、茅の輪だけでなく、穢れを移して、身代わりとしてお祓いをしてもらえる人形を配布しているところもあります。

今年の残り半分、心機一転してイキイキと過ごすためにも、明日はお散歩のついででもいいですので、積極的に神社にいってみてくださいね♪

COCORiLA編集部

26,102 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。