健康のために、チェックしておきたい肩甲骨

健康

なぜ、肩甲骨と健康が関連しているの?

近年、色々と話題となっている「肩甲骨」。私たちの肩の付け根に一対で存在している骨です。天使の翼がある位置というと、なんとなくわかりやすいかもしれません。

普段生活していると、あまり肩甲骨を意識することはありませんが、実は肩甲骨は健康に大きく関与していることがわかってきています。肩甲骨は、いくつかの筋肉で固定され、さらに18種類の筋肉と関連しているといわれています。

色々な筋肉と関連しているために、肩甲骨は筋肉や骨とがっちりと固まっているわけではなく、自由に動くようになっています。しかしながら、長時間同じ姿勢を取っていたりすると、肩甲骨が固まってしまうわけです。

特に昨今は、PCやスマートフォンをのぞき込むことが多いために、このような状況に陥ることが多いのです。肩甲骨が固まってしまうとどうなるのかというと、呼吸が浅くなり、お腹や顎、お尻などがたるんだり、肩や首のコリ頭痛などを引き起こします。

さらに、肩甲骨が直接的に痛くなったら、大きな病気の可能性すらあります。右の肩甲骨周辺が痛くなると、胆のう結石や胆管結石、左の場合は狭心症や、心筋梗塞、両方の場合は腎臓や脾臓に異常がある可能性があるとされているのです。

肩甲骨にアプローチするためには?

そんな肩甲骨にアプローチするために、「肩甲骨はがし」という方法があります。こちらは、剥がすと言っても実際にベリベリと筋肉から剥がすわけではなく、肩甲骨のストレッチのようなものです。

肩甲骨はがしには、ダイエット効果があるとして一躍注目を浴びたために、様々な動画がありますが、肩甲骨にアプローチすることで、肌のたるみや、肩こりなどは解消されても、肩甲骨部分に褐色細胞が多く存在していて、それを刺激することで痩せるというのは、最近では科学的に否定されているという説もありますので、どちらかというとストレッチによる運動効果の方がダイエットに関連しているのかもしれません。

また、エネルギーレベルで見ると、肩甲骨の部分にはハートチャクラが存在しています。そのために、肩甲骨が固まるとコミュニケーションが阻害されたり、自らのエネルギーが弱くなるともいわれているのです。

ということで、物理的にも霊的にも肩甲骨は固まらせない方がいいということになりますので、肩甲骨はがしは行っておきましょう。すでに様々な方法が紹介されていますが、まずは「肩甲骨を意識する」ことからはじめてみましょう。

肩甲骨を意識しながら、「肩を前後に10回程度まわす」だけでもストレッチ効果があります。ポイントは、肩甲骨を常に意識して、肩でなく肩甲骨を動かすようにすることです。この程度の動きならば、いつでもどこでも短い時間で可能ですので、仕事中や、家事の合間などにも行うようにしましょう。

まずは、これができるように練習して、いつでも簡単にできるようになったならば、本格的なストレッチ方法を探してみて下さい。動画などでも色々と紹介されていますので、自分にあった方法で無理のないものを行ってみるといいでしょう。

COCORiLA編集部

30,127 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。