肉体が健康であるために大切な「姿勢」

健康

初めまして、こんにちは。
さくらバッチフラワーセラピーを主催しています佐倉ゆめかです。

私は現在、バッチフラワーレメディを中心としたコンサルテーションやクラスを活動の中心にしていますが、もとはカイロプラクティック師でその前は小中学校の養護教員(保健室の先生)をしていましたので、ココロとカラダについてお話しすることは大好きです。

もちろん、スピリチュアルなお話も大好きです。
天使や神々、スピリットなどのエンティティとのお付き合いも、メリットデメリットを承知して賢くつきあえば私たちの人生をさらに豊かに彩りよくしてくれるものと思っています。

私は、心も体も、そしてたましいも、どれもみな等しく大切で、それらの相違や特質を知りバランスを整えることが人生をスムーズにする一番の方法だと感じています。

そういうわけで、本日から、心や体の美と健康について、また、毎日を自分らしく豊かにすごすための魔法などをみなさまにお届けいたします。

これからこちらでお話しすることが、みなさまの毎日を快適にするヒントとなれば幸いです。

さて、私たちがひととしてこの世界を探索するためには「肉体」という存在がかかせません。
肉体は私たちの“乗り物”であると同時に非常に精密かつ高性能な“アンテナ”でもありますので、その健康があって初めてさまざまなことを十分に体験することができます。

肉体が健康であるために大切なことはいくつかあるのですが、今回は「姿勢」についてお話ししますね。

■健康で美しい肉体を維持するには、“肉体にとって”正しい姿勢でいること。

プロのアスリートにとってケガをしにくい、長時間のプレイでも耐えることが出来るフォーム(姿勢)があるように、私たちにも体が疲れにくい、壊れにくい姿勢があります。

肉体にとって正しい姿勢は肉体にとって優しい行為だというだけでなく、健康で美しい肉体を維持できますし、何らかの原因で壊れたとしてもすぐに回復することができます。

■正しい姿勢とは
よく、「背骨をまっすぐに」などと表現されますが、本当に人の背骨が真っすぐになっているわけではありません。
なぜなら、背骨が真っすぐだと女性でもかなりの重さがある頭部や内臓などを、効率良く支えることができないからです。

正しい立ち方とは、横から見て、耳の穴、肩、腰、ヒザ、踝の中心が、正面からだと、鼻、顎、鎖骨の中心、へそ、恥骨の中心が一直線になることです。

これで背骨に自然なS字カーブが生まれます。

■では、そうではない方・・・例えば猫背さんの「特徴」とはなんでしょうか?

姿勢は健康や美容だけでなく実はグラウンディングやセンタリングにも一役買います。
ですが、自分が背中を丸めているのかどうか、そもそも無意識に普段自分がどのような姿勢でいるかわからない(鏡を見るときには無意識に姿勢を正していることがある)とも伺います。
ですので、背中を丸めていたり猫背だったりするひとの特徴を上げてみますね。

★無意識に背中を丸めている&or猫背のひとの「主な」肉体的特徴

  • 首の後ろにシワがある
  • 肩甲骨の間(女性であればブラジャーのホック当たり)が痛い、痛くなりやすい
  • (痩せていても)胃の上部辺り(女性であればアンダーバストの数cm下、ブラジャーのワイヤーの跡とは別)にシワがある
  • 女性の場合、ブラジャーのワイヤーの前中心が胸の骨に当たって痛い
  • シャツやブラウスの第一ボタンが留められない、苦しくてすぐに外す
  • ハイネックやタートルネックのデザインは、肩から頭が生えている(首がない、短い)ように見える

などなど・・・
すぐに思いつくものだと、上記のようなものでしょうか。

腕や脚を組む、肘をついて顎を乗せる癖を持つ人もだいたい猫背さんが多いですね。
顎や頬の肉がたるんできているひともその可能性が高いです。

■猫背さんのデメリットはなんでしょう?

このような(横から見て)顎を突き出して背中や肩を丸めた姿勢は、4キロほどの重さもある頭部をほぼ首の筋肉だけで支えています。

つまり、片腕をまっすぐに前方に伸ばしたまま・・・地面から水平の状態で2キロのダンベルをずっと持ち続けているようなものです。
それが両手であったとしてもかなりの負担になるのはお判りだと思います。

ですので、猫背の人は首や肩の筋肉だけではなく、全身にも不調をきたしやくなります。

代表的なものとしては、腰痛や肩こりに悩まされることが多くなります。
肩こり由来の頭痛も非常によくご相談いただくものです。

また、呼吸器系や消化器系(女性は生殖器も)も圧迫するので、それらの不調を感じやすくなります。
例えば、あまり食べないのに太り気味である、便秘、月経痛もご相談いただきます。

美容面では、バストやヒップの下垂、ボリュームダウン、ウエストラインの消失、へそ下がぽこっと出る(痩せていても)などがあります。

スピリチュアル面から見ますと、グラウンディング(現実的に地に足をつけた考え、)やセンタリング(冷静に客観的に物事をみること)も苦手になります。
ハイヤーセルフとのつながりが途切れがちになるため、いつも不安を抱えていたり、わけもなくイライラしたり、ひとつの物事に集中できなくなります。周囲からの影響も簡単に受けてしまいます。

■これらを解消するにはどうしたらいいでしょうか。

それは、正しい姿勢についての正確な知識を得ること。
そして、現在の自分の状態も正確に把握することです。

私が好んで例えることですが、現在地を知らずしてはどこにも向かえません。
今自分がいる場所が九州か北海道か知らずして東京に向かうことはできないということですね。

さてさて、現状についても正しい知識についても、信頼のおける専門家に見てもらい、レクチャーしてもらうことをお勧めします。
それが難しいようでしたら、現状は正面と側面の写真を三脚などで撮り、姿勢については専門書などで調べてもよいでしょう。

そして正しい姿勢に少しでも近づけていくよう努力すること。
日ごろから姿勢に気を配ることはもちんですが、意外にその維持には苦労するもの。
肉体の柔軟性を高めることや姿勢維持に必要な筋力をつけることも必要になるでしょう。

次回は、正しい姿勢についてもう少し具体的にお話ししていきますね。

 

佐倉ゆめか

84 views

小中学校で養護教員(保健室の先生)をした後カイロプラクティック師に転身、ゲストの体の美と健康に貢献。のちに、心身だけでなく魂との調和も大切にして自分らしく豊...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。