• HOME
  • ブログ
  • リラックス
  • 1グラム数万円! かつて権力者がこぞって手に入れようとした、最上級のお香を知っていますか?

1グラム数万円! かつて権力者がこぞって手に入れようとした、最上級のお香を知っていますか?

リラックス

4月18日はお香の日

本日、4月18日は「お香の日」。お香といえば、すでに100円ショップでも売られるほど一般的なものとなっていますので、エッセンシャルオイルを使ったり、コーンやスティック状のインセンスで楽しんでいる方も多いと思いますが、今回はお香の日と縁のある、最上級のお香について紹介したいと思います。

なぜ、本日がお香の日になったのかというと、西暦595年4月に淡路島に「沈香(じんこう)」というお香が漂着したことに由来します。この記録は『日本書紀』に書かれている内容が元になっているのですが、さらにお香の「香」の字を分解することで「一、十、八、日」となることから、「18日」を導き出して、このふたつをあわせて、全国薫物線香組合協議会が1992年に4月18日をお香の日として制定したのです。

この沈香とはどんなものなのでしょうか? 字を見てもわかるように、外見は木なのですが、水に浮かべようとしても沈んでしまうことから、「沈香」と呼ばれるようになりました。なぜ、木なのに水に沈むのかというと、さまざまな要素によって、木に樹脂が沈着することで、比重が重くなって水に沈むわけです。通常、沈香になる木は、幹も花も葉も香りはないのですが、この樹脂が独特の香りを発生させる原因となっています。

このように、沈香は人工的に作ることができず、自然と運にまかせるしかないために、採取が非常に困難な香木であり、古い時代には貴族の中でも、かなりの力を持つ人間しか沈香に触れることができなかったといわれています。

最上級の代名詞であり、権力者が手に入れようとした伽羅

そんな沈香の中で、さらに最上級のものを「伽羅(きゃら)」と呼びます。ベトナムで産出する沈香の中でも、もっとも質がよく、樹脂が多いものをさすのですが、古い時代には良いものをほめていう言葉として「伽羅」が使われたほどで、最上級の代名詞ともなっていました。

蘭奢待
(出典:Wikipedia

そして、伽羅の中でも最大級のもので、日本一の名香ともいわれた「蘭奢待(らんじゃたい)」、別名「黄熟香(おうじゅくこう)」と呼ばれているものがあります。

 

こちらは、東大寺正倉院に古くから収納されているのですが、織田信長、足利義政、明治天皇といった、その時代に最高の権力を持った人々が、蘭奢待を削り取ったという記録が残されています。正式な記録は残っていないものの、徳川家康も削ったのではないかといわれており、権力をもつものにとって、蘭奢待を手に入れるということは最上級のステータスだったようです。

そんなにも多くの人を魅了した沈香の匂いとはどんなものなのでしょうか? 樹脂が香りを出すので、常温だとよほど上質のもの以外は匂いがしないために、加熱して匂いを発生させる必要があるのですが、一般的なお香に比べると、しつこくない甘さがある一方、なんともいえない渋さもあり、ひとことで表せない複雑さを持つといわれています。

薬用としても使われており、漢方薬として喘息や嘔吐、腹痛、冷えなどに効果があるといわれています。また、その香りは強力な鎮静効果をもたらし、科学的な測定によると沈香の香りを嗅ぐことで、アルファー波が増大することがわかっているのだそうです。

スピリチュアルな側面しては、魔除けなどの力もあるようですが、やはり沈静化の力が強いこともあり、不安を手放し、心に安定をもたらし、瞑想をより深くしてくれるという効能があるようです。

沈香は前述したように非常に高価なものであり、加工されていないものですと、1グラムあたり1000円以上するものも多く、伽羅ともなると、ワシントン条約ですでに入手困難ということもあり、1グラムあたり数万円程度が相場になっているようです。ただし、沈香はまだ手に入るということもあり、刻んだものなどは比較的安価に手に入りますので、興味のあるかたは、お香屋さんをたずねてみることをオススメします。

お香というと、西洋由来のものが手に入れやすいこともあって一般的ですが、権力者がこぞって手に入れたほど、日本人に好まれた沈香を瞑想の際に焚いてみるのも面白いと思いますよ。

COCORiLA編集部

9,344 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。