もうじき開催されるタイのパワフルなお祭り

スピリチュアル

仏教の行事がいつしか無礼講に

毎年4月13日から15日にタイで行われる「ソンクラーン」というお祭りをご存じでしょうか? アジアの暦といえば月の運行をベースにした陰暦が多いのですが、こちらのお祭りは太陽が新たに白羊宮に入る時期を祝うというもの。

陰暦ほど大きな日付の差がでるわけではありませんが、こちらも本来は毎年、微妙にずれが発生します。しかしながら、現在では冒頭で紹介したように4月13日から15日に固定され、タイの祝日とされているのです。

このお祭りは本来、仏像や仏塔、年長者や僧侶といった貴いものに水を掛けてお清めをするというものでした。人の場合は、手に水を掛けてお清めをしていたのですが、ちょうど1年で最も気温が上がる季節だったということもあり、いつの間にか、誰彼構わずに水を掛け合うものとなったのです。

この期間は無礼講とされ、誰にでも水をかけてOKとされています。ピックアップトラックの荷台に水が満載のドラム缶を積んで、そこからものすごい勢いで水をかけるグループがあったかと思うと、若者達は色とりどりの水鉄砲を手に持って、車や人に楽しそうに水をかけていきます。子供たちももちろん参加して、この時は年長者相手でも容赦なく水をかけます。なんと消防車までもが、水をまきに登場するというのですから、いかに無礼講となっているのかがわかると思います。

国中が盛り上がるソンクラーン

そんなソンクラーンの動画がありますので、ご覧になってみて下さい。

この期間は首都であるバンコクはもちろん、各地の大型商業施設では派手に水掛が行われています。世界遺産の街として知られるアユタヤでは、象による水掛という、タイならではの体験をすることができますし、各種寺院の内部では、古来からの儀式に則った仏像を水で清めたり、僧侶の手を水で清めるという風景を見学することができます。

今年のソンクラーンは、週末とかぶっていますので、興味のある方はタイを訪れてみてはいかがでしょう? ただし、旅行者であっても、例えスーツを着ていたとしても関係無しで水をかけられますので、電子機器や水に濡れたらまずいものは、きっちりと保護した上でお祭りに臨むようにしてください。

COCORiLA編集部

30,042 views

サイトの名称であるCOCORiLAとは「ココロ+リラックス」を意味しています。そんな名称通り、心や身体を癒やしリラックスさせ、スピリチュアルな分野はもちろん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。